ブログトップ

酒とシネマと不登校児な日々

takako987.exblog.jp

キック・アス ジャスティス・フォーエバー


1作目の流れをくんだプロット。

登場人物もキャストも変わりなし。

なのに全くの別物になっちゃった。

 

前作のパワーと面白さをスポイルして、流行りのスクールカーストを半端に齧ってみました的な。

製作費がン倍になったと聞くけれど、どこが?

せめて脚本だけでも前任者が執筆していれば・・・。 

 

折角クロエがティーンになったんだから、 もっと作り方あっただろうに。

導入は良かったのに、どんどんショボイ話になっていったのが残念。

デートの顛末とか、どうせならヤラレちゃいそうになっても良かったと思う。

骨がありそうだったマーカス(ミンディの保護者)はフェイドアウトしてしまうし。

最終決戦シーンなんて「クローズZERO」かと、無意識のうちに山田孝之探しちゃいました。

 

無論、クロエちゃんは文句なく可愛いし、前作と比べなければそこそこ面白いという意見もあるだろう。

だが私はこのシリーズに「自分探し」やら「正義のあり方」など求めていない、ただただアドレナリンを放出してクラクラになりたかったんだよぉ。


[PR]
by takako98765 | 2014-03-13 15:41 | シネマ | Comments(0)
<< 土竜の唄 中島みゆき 雛まつり >>