ブログトップ

酒とシネマと不登校児な日々

takako987.exblog.jp

『ジゴロ・イン・ニューヨーク』

『ジゴロ・イン・ニューヨーク』
f0320408_22200717.jpg
魔法使いが飛んだり、マシンガンが火を吹いたり、人間の原罪を深く抉りだす映画も好きですが、これは文句なくド直球ストライク。

脚本・監督・主演のジョン・タトゥーロが、オッサン魅力満載で、
f0320408_22201668.jpg
役者としてのウッディ・アレンは、自作よりもウッディ・アレンぽく
f0320408_22330444.jpg

2000$出して3Pやりたがるバイのシャロン・ストーンは実に楽しそうに
f0320408_22202132.jpg
本来の美貌を隠したすきっ歯バネッサ・パラディはあくまでも可憐に、
f0320408_22202667.jpg
アーミッシュとの恋をちらっと彷彿させるストーリーは、ユーモアー含めて過不足なく、
f0320408_22270620.jpg
デュフィのような色彩と奥行きを感じさせる秋のブルックリンの画は温もり溢れていて、
f0320408_22414845.jpg

極めつけにバックに流れる心地よいジャズが極上の気分にさせてくれる。

どうしても文句をつけろと言われたら、秋に観たかったかな。
でも、Blu-ray買うし。
ちなみにPG12です。


[PR]
by takako98765 | 2014-07-23 22:38 | シネマ | Comments(2)
Commented by desire_san at 2014-07-25 02:57
こんにちは。
私もBunkamuraザ・ミュージアムに「デュフィ展」展を見てきましたので楽しくブログを拝見しました。
鮮やかで豊かな色彩と軽快な筆さばきで、描かれる生きる喜びを感じさせる絵画には魅了されました。絵が明るく気持ちが明るくなるのはいいですね。
私は過去に来日したデュフィの傑作も含めて。デュフィの魅力についてまとめてしてみました。ごご一読いだき、ご感想、ご意見などコメントいただけると感謝致します。
Commented by takako98765 at 2014-07-29 11:05
こんにちは。
デュフィは大好きで、今回は日を置いて2度ほど足を運びました。
早速ブログの方によらせていただきますね。
<< スペクトラムな焼肉 平田隆夫とセルスターズ >>