ブログトップ

酒とシネマと不登校児な日々

takako987.exblog.jp

『るろうに剣心 伝説の最期編』

『るろうに剣心 伝説の最期編』
f0320408_22314606.jpg
告白しよう。
Ⅰの「るろうに剣心」はただひたすらにアクションにのみ衝撃をうけ、ドラマは殆ど覚えていない。
f0320408_22340816.jpg
Ⅱの「京都大火編」は、質量ともにあれだけボリュームがあってもプロット自体は大変薄かった。
f0320408_22335740.jpg
オープニングの江口ちゃんのカッコよさと、エンディングの福山登場の意外性の2トップ以外は、
村人達がどうとか、神木やら付火やらと、殺陣を見せたるための枝葉ばかりで全体を貫くドラマがなかった。
f0320408_22312390.jpg
f0320408_22312888.jpg
それが今回のプロットは、実にシャープで、Ⅱで拡散しきった話が収まるべきところに収まる気持ちよさがあった。

アクションも、Ⅰのスケール不足⇒Ⅱの散漫からベクトルを再び元に戻しつつ更なる昇華を見せてくれた。

3本目という事で、脂がのりきった各セクションの絡み合いが心地いい。
f0320408_22362285.jpg
次作が楽しみです。


[PR]
by takako98765 | 2014-10-01 22:37 | シネマ | Comments(0)
<< スペクトラムな家庭教師・ダメダメ編 スペクトラムな行政の仁義なき戦い >>