ブログトップ

酒とシネマと不登校児な日々

takako987.exblog.jp

『柘榴坂の仇討』

『柘榴坂の仇討』

f0320408_16381214.jpg

ようやく見れました。
貴一ちゃんも阿部ちゃんも良かったよ~ヽ(*´∀`)ノ
お名前を失念してしまったが、藤竜也の奥方をやられた女優さんも素晴らしかった。
広末妻の対極にいる妻像を、全身で表現されていた。

構成が巧みでテンポもよく、物語はクライマックスまですらすらと進んでいく。


がッ!!

f0320408_16391491.jpg

十兵衛(阿部)を討とうとする金吾(貴一)が、殺陣の最中に寒椿をみて心変わりする。
ここまではまぁ納得できるけど、そのま十兵衛に「生きよ」と説教するのは明らかにやりすぎ。

人間誰しも、頭で理解してから、「腑に落ちる」までは生理的な時間が必要。
どんなに芝居が上手くても、勢いで言った風、うわっ滑りになる。
どうしても仇に説教させたいんであれば、十兵衛に遭った時点で既に金吾の腹の中ではその考えに傾いていた風な作りにすれば良かったのに。

f0320408_16390012.jpg

同じように、つい今しがたまで死ぬ気でいた十兵衛が、金吾に命を助けられ説教されたからといって、帰宅したその足で女をデートに誘うのは明らかに行き過ぎ。
どうしても二人を沿わせるたいんであれば、女の方から誘わせ、十兵衛は背中で頷くにとどめておけば良かったのに。


盛り込みたい気持ちはじゅうじゅうわかるけど、ちょっと残念でした。



[PR]
by takako98765 | 2014-10-09 16:40 | シネマ | Comments(0)
<< スペクトラムな聞き取り調査 インフィニ@戸越公園 >>