ブログトップ

酒とシネマと不登校児な日々

takako987.exblog.jp

『ビック・アイズ』

『ビック・アイズ』

f0320408_21580596.jpg

1950~60年代のサンフランシスコがとてもステキ。
町並みもファッションもインテリアもイラストのような色彩で、ダークな色調が印象的なティム・バートンの中では、少々異質な感じ。

f0320408_21580891.jpg

妻・エイミー・アダムスが主役という事になってはいるが、見事なゲスッぷりの夫・クリフトフ・ヴァルツあっての作品。

f0320408_21581722.jpg

バートン色が薄くて肩透かしをくらったけど、これはこれで悪くはない


最初に絵を持ち込んだ画廊の人は「妻の絵」と説明した夫の話を聞いていたのに、すっかり忘れている様子なのが残念。
てか、伏線じゃなかったのかよ、だったら描くなよと、そこはちょっと怒ったりして。


[PR]
by takako98765 | 2015-01-29 21:59 | シネマ | Comments(0)
<< しょんべん横丁 ドリカムな恋 >>