ブログトップ

酒とシネマと不登校児な日々

takako987.exblog.jp

『薄氷の殺人』

『薄氷の殺人』
f0320408_22365150.jpg
ベルリン国際映画祭で、グランプリの金熊賞と、主演男優賞にあたる銀熊賞をリャオ・ファンが受賞。
脚本・監督はこれが長編三作目のディアオ・イーナン。
f0320408_22404486.jpg
舞台は中国の華北地方らしき、改革開放が進行しつつある地方都市。
監督インタビューによると『マルタの鷹』『第三の男』『黒い罠』を何度も見直したらしいが、わざわざ言われなくてもよくわかる「お勉強した感」あふれるノワールな映像世界。
f0320408_22380511.jpg
だがカット・編集・転換が秀逸で、溢れる余韻と、圧倒的なパワーを持っている。
凍てつく寒さを切り取った空気感や、赤を印象的に使う美意識あふれる色彩も見事だが、多発しすぎで食傷気味になった感も否めない。
f0320408_22352572.jpg
原題は「白日焔火」、日本語では「白昼の花火」。
「薄氷の殺人」とつけた宣伝部の努力はかうが、作品を見終わってみれば、原題和訳の方が痛いほどに沁みる。
f0320408_22360578.jpg

[PR]
by takako98765 | 2015-02-23 22:41 | シネマ | Comments(0)
<< 『はじまりのうた』 能年玲奈 >>