ブログトップ

酒とシネマと不登校児な日々

takako987.exblog.jp

『ジョン・ウィック』

『ジョン・ウィック』

監督:チャド・スタエルスキー
脚本:デレク・コルスタット
出演:キアヌ・リーブス、ミカエル・ニクヴィスト、アルフィー・アレン

f0320408_15104129.jpg

「犬一匹殺されたがために壮絶な復讐劇を繰り広げる」というワンアイディアだけで、
目新しさもケレン味もなく、当然101分をひっぱるだけの肝もなく、
殺し屋御用達ホテル「コンチネンタル・ホテル」は面白いけど劇画っぽく、
殺し屋キアヌ・リーブスの無表情さと銃さばきが「ゴルゴ13」に似ていることも含め全体に埃がかかっているような印象で、

f0320408_15193510.jpg
f0320408_15194319.jpg
若者に好評なロックな音楽や度々インサートされるNYの俯瞰も80年代作品群の模倣に思われ、
90分過ぎた辺りからただただ無性に「イヤー・オブ・ザ・ドラゴン」を見たくなったのでした。

f0320408_15162462.jpg
そもそもこのタイトル、ハリソン・フォードリスペクト??

f0320408_15162877.jpg

くまモンとの2ショットの方がよっぽど破壊力がある。

f0320408_15104898.jpg


[PR]
by takako98765 | 2015-10-30 15:21 | シネマ | Comments(0)
<< 『ボクは坊さん』 『ギャラクシー街道』 >>