ブログトップ

酒とシネマと不登校児な日々

takako987.exblog.jp

【淵に立つ】

【淵に立つ】

監督・脚本・編集:深田晃司
出演:浅野忠信、筒井真理子、古舘寛治、大賀

f0320408_09130808.jpg

カンヌ映画祭「ある視点」審査員賞受賞。

中盤以降、プロットは佳境を迎えるが、ドラマは失速する。
主役二人の芝居が一本調子なのが、どうにも歯がゆい。
人生苦しいのはわかるが、その苦しさは一色ではあるまい。
序盤、どれだけ浅野忠信に頼っていたのか、改めて思い知らされる。

f0320408_09131299.jpg

後味の悪さや家族がテーマな事からネットでは『葛城事件(2016年)』の名が上がっているけど、客に対するサービス精神が違う。
演出の狙いなのかもしれないが、セットも変わらず映像も変わらず芝居も変わらずでは、私みたいに感性がない人間は飽きるぞホンマ。

『プロテスタント』の設定には笑ったけど。

f0320408_09133797.jpg
ファーストシーン、雑な食卓で雑なお祈りする母子観た時、コントかと思った。
折角のネタがキャラ説明の一発芸で終わり、後半に生かされなかったのがつくづく残念。
「神なんかくそくらえ」ぐらい言わせれば良かったのに。
前述したサービス精神とは、そういう事。


[PR]
by takako98765 | 2016-10-19 09:14 | シネマ | Comments(0)
<< 【お父さんと伊藤さん】 【ザ・ビートルズ~EIGHT ... >>