ブログトップ

酒とシネマと不登校児な日々

takako987.exblog.jp

【幸せなひとりぼっち】

【幸せなひとりぼっち】

原作:フレドリック・バックマン
監督・脚本:ハンネス・ホルム
出演:ロルフ・ラスゴード、イーダ・エングボル、バハー・パール

f0320408_14402313.jpg

世界で250万部を売り上げたベストセラー小説の映画化。
スウェーデンで5人に1人が観た、スターウォーズに勝った!がキャッチコピー。
ロルフ・ラスゴードはスウェーデンのアカデミー賞的ゴールデンビートル賞で主演男優賞と観客賞をダブル受賞。
てな事を全然知らず、スゥエーデン映画で時間が合ったから観ました(^^)

ザックリ言うと、妻に先立たれ仕事も解雇され自殺しようとする59歳偏屈ジジイが越してきた隣人に引っ張り回され、いつしか周囲に愛される人生に変わってた、なお話。
『グラントリノ(2008年)』に似てるっちゃ似てるけど、本作の方が笑いどころも多々あり、サラサラ爽やかで心地よく酔える低アルコール日本酒のよう。

ついでに言うと「首をつる直前に隣家が引越の挨拶に来て、それが元で人生が変わる」という一行あらすじは『容疑者Xの献身(2008)』と全く同じだけど、あれはとことん救いがない古酒の如き味わいだったなぁ。あらゆる意味で、アレとは正反対の作品です。

f0320408_14402126.jpg

シンプルなプロットを1時間56分飽きさせずに引っ張ったのは、役者の魅力もあるけど、それ以上に脚本の構成の妙。
過去を見せるタイミングと見せ方が実に巧みで、シンプル且つ普遍的なテーマでもありシナリオ教室の教材に最適ではないかと。

大抵の方はふんわり幸せな気分を味わえると思います。低アルなのでお正月の疲れた胃にも優しい。
おじさま好き、ツンデレ萌え、モフ猫愛好家の方々には特にお勧めです。

f0320408_14401897.jpg


[PR]
by takako98765 | 2017-01-14 14:41 | シネマ | Comments(0)
<< 【ユー・アー・ミー?」 【海賊とよばれた男】 >>