ブログトップ

酒とシネマと不登校児な日々

takako987.exblog.jp

【沈黙ーサイレントー】

【沈黙ーサイレントー】

監督:マーティン・スコセッシ
脚本:ジェイ・コックス、マーティン・スコセッシ
原作:遠藤周作『沈黙』
出演:アンドリュー・ガーフィールド、リーアム・ニーソン、アダム・ドライヴァー、窪塚洋介、浅野忠信、イッセー尾形

f0320408_18165219.jpg

久しぶりに出会った噛みでのある作品で、159分は長くありませんでした。
キリスト教の話ではあるのだけど、宗教論や政治話に触れず傾かず、しかも悪人を一人も登場させない本は見事(原作なのかな?)。
その肝となる、大変難しい役をイッセー尾形が好演。

f0320408_18174689.jpg
あの役だけ人間味がないんだよね。英語ペラペラだし、彼の存在・彼の立ち位置こそが人間から見た神と等しい。

f0320408_18170763.jpg
そして、中盤からのキチジローは、ロドリゴの幻覚じゃないかと密かに思っています。


[PR]
by takako98765 | 2017-01-31 18:18 | シネマ | Comments(2)
Commented by desire_san at 2017-02-13 09:13
こんにちは、
私も映画『沈黙-サイエンス』を見てきましたので、ブログを興味深く拝見しました。マーティン・スコセッシ監督は、原作のストーリーを忠実追って、美しく完成度の高い映像作品に仕上げていました。この映画の配役は絶妙で、特に弾圧される農民を演じた笈田ヨシと塚本晋也は、堂々とした風格のある演技で、気高く感動的なほど魅力があり、映画に深みを持たせていました。、窪塚洋介が演じたキチジローも説得力のある熱演でした。

私も『沈黙-サイエンス』を観て、この映画の魅力と現代人はこの映画から何を学べるのかを整理してみました。読んでいただけると嬉しいです。ご意見・ご感想などコメントをいただけると感謝いたします。

Commented by takako98765 at 2017-02-13 11:32
こんにちは。
desire_sanさんのブログを興味深く拝見いたしました。
私は原作未読で、映画から得た感想を、好き勝手に書き散らしましたので、desire_sanさんとは大きくちがった印象を持っておりますが、十人十色、それもまた映画の楽しさですね。
後ほど、 desire_sanさんのブログにご挨拶に伺います。
<< 【ザ・空気/二兎社】 【新宿スワンⅡ】 >>