ブログトップ

酒とシネマと不登校児な日々

takako987.exblog.jp

カテゴリ:シネマ( 216 )

【ベイビー・ドライバー】

【ベイビー・ドライバー】

監督・脚本・製作:エドガー・ライト
出演:アンセル・エルゴート、ケヴィン・スペイシー、リリー・ジェームス、ジョン・ハム、エリザ・ゴンザレス
f0320408_18260713.jpg
監督曰く「映画にぴったりの曲をつけるのではなく、曲にぴったりの映画をつくった」との事。
確かに、全編MVとの前情報通り、スゴイ作りになってます。
カーチェス好きな方、クライム好きな方、音楽好きな方、iPod好きな方には超オススメ。
f0320408_18261095.jpg
アクションばかりが評価されているけど、人物設定を120%生かした脚本は地味に見事!
f0320408_18261386.jpg
画の湿度と色の質感が『真夜中のカウボーイ(1969年)』ぽいなぁと思っていたら、
作中「おぃおぃボギー&クライドかい?」なセリフがあり、意図的にアメリカン・ニューシネマしているようです。
てな訳で、あの時代の作品が好きな人にもオススメですが、そのつもりで見ているとビックリな結末が待っているので覚悟してね。
ライト監督43歳。日本だけでなく、世界全般的に若い人達は優しくなっているのだなぁ。


[PR]
by takako98765 | 2017-08-23 18:28 | シネマ | Comments(0)

【結婚】

【結婚】

原作:井上荒野
監督:西谷真一
脚本:尾崎将也
出演:ディーン・フジオカ、柊子、中村映里子、若本若菜、安藤玉恵
f0320408_15512002.jpg
演出が滅茶苦茶。
ディーン様のファンだったら、楽しめたのかもしれないが、ちょっと酷すぎる。



[PR]
by takako98765 | 2017-07-26 16:35 | シネマ | Comments(0)

【ボンジュール、アン】

【ボンジュール、アン】

監督・脚本:エレノア・コッポラ
出演:ダイアン・レイン、アルノー・ヴィアール、アレック・ポートルドウィン

f0320408_18453111.jpg

セリフ毎のバストカット切り返しが延々続くのは、ちょっとどうかと思うが、
ウィットに富んだ会話、美しいもの、美味しいもの、心動かされるものを素直に受け入れましょうというメッセージは、人生の年輪を重ねられた監督だからこその説得力があった。

f0320408_18454064.jpg
さらに、レインの年相応な美しさという、中年以降を生きる女性たちへのエールもあり、日比谷シャンテシネマは、酷暑など吹き飛ばす勢いの先輩女性達で超満員。

f0320408_18453556.jpg
いくつになっても女性は元気♪


[PR]
by takako98765 | 2017-07-17 18:46 | シネマ | Comments(0)

【ジョン・ウィック:チャプター2】

【ジョン・ウィック:チャプター2】
監督:チャド・スタエルスキー
脚本:デレック・コルスタッド
出演:キアヌ・リーブス、コモン、ローレンス・フィッシュバーン、ルッカルド・スカマルチョ

f0320408_20335334.jpg

細かい設定がいちいち凝っているので、独特な世界観を構築していて、その中に身を任せているのは単純に楽しい。
だが、映画って、それだけでいいの?

f0320408_20335144.jpg
前作ではスリムだったプロットはメリハリのない中高年の体型に。
アクションもスケールアップはしたけどシャープ感は前作の方が上。
ガン・フーアクションやミラーハウスでの撃ち合いなど、個々のアイディアはユニークだが、思いつき程度の使い方でもったいない事この上ない。
何より前作で私達を痺れさせたような、ドラマが欠片もない。

f0320408_20334943.jpg
例えていうなら、資金が豊富になったため、ありったけ買い込んできた香辛料を気前よくぶち込んで逆に味がぼやけてしまった具のない鍋みたい。

ようするに、part3へのブリッチに過ぎなかったのね。
時間とお金、両方とは言わないけどどちらか一方を返して欲しい。


[PR]
by takako98765 | 2017-07-10 20:35 | シネマ | Comments(0)

【ディストピア  パンドラの少女】

【ディストピア パンドラの少女】

原作:『パンドラの少女(東京創元社)』M・R・ケアリー著
監督:コーム・マッカーシー
脚本:M・R・ケアリー
出演:セニア・ナニュア、ジェマ・アータートン、パディ・コンシダイン、グレン・クローズ

f0320408_16481417.jpg

ゾンビ映画と知っていたら行かなかった。
ゾンビ物と気づいた時には、いつ席を立とうか機会を窺った。
しかし動けなかった。
これだけ前のめりになった作品との出会いは何年ぶりか。
緻密なシナリオと息つく間もないテンポで、ドリンクホルダーのビールを飲む間がなかった。

f0320408_16482192.jpg

M・R・ケアリーのベストセラー小説を著者自身による脚本は、素晴らしいの一言。
生まれて初めて観たゾンビ映画でもあり、どんな着地になるのか、全く想像出来なかったけど、
このエンディングはゾンビ映画では良くある事なのかな? 
ヒロインの心情を辿れば当然の帰結ですが、その見事さに感心しました。

f0320408_16481872.jpg
更に、鮮やかなラストカットは、私が自分で書いたんじゃないかと思うほど私好みでビックリ。
ゾンビ物にネガティブなイメージがある方にも、メッチャオススメです。

f0320408_16482423.jpg


[PR]
by takako98765 | 2017-07-06 16:50 | シネマ | Comments(0)

【パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊 】

【パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊 】

監督:ヨアヒム・ローニング
脚本:ジェフ・ナサンソン
出演:ジョニー・デップ、ハビエル・バルデム、ブレントン・スウェイツ、カヤ・スコデラーリオ
f0320408_20361302.jpg
シリーズを一作も観ていないのに突然5作目から参戦するという暴挙。
それでもきっと楽しませてくれるに違いない、という読みは見事に当たり、これまでの人間関係は解らないけれども、荒唐無稽な数々に大笑い。
コンパスとか魔のトライアングルとか、少年心をくすぐる要素がてんこ盛りで、私は途中落ちましたが、同席の55歳男子は「すっごく面白かった」と目を輝かせ、17歳は過去に戻ってシリーズ1から見直すと宣言する程の盛り上がりよう。
f0320408_20361787.jpg
吹替版には海賊がジョニデに「腹を割って話そう!」と何度も叫ぶシーンがあり、「おぉ、これは藩士ライターからの水どうファンへのメッセージ!!」と最も胸が熱くなりました。
f0320408_20362167.jpg


[PR]
by takako98765 | 2017-07-01 20:38 | シネマ | Comments(0)

【ハイヒール〜こだわりが生んだおとぎ話】

【ハイヒール〜こだわりが生んだおとぎ話】

監督・脚本:イ・インチョル
出演:菊地凛子、小島藤子、玄理、谷口蘭
衣装特別協力:CHANEL
靴制作協力:MIHARA YASUHIRO

ファンタジア国際映画祭コンペ部門ノミネート

f0320408_15385097.jpg

『人類が滅びて自分がアンドロイドになる時、ひとつだけ残したい欲望(感情)は?』
そんなコピーにまず惹かれ、暗闇の客席で遠いあの日にタイムスリップした。

四半世紀前、深夜ドラマが最も華やかだった頃。
東京ストーリーズ・奇妙な出来事・ネオドラマ・ルージュの伝言・JTドラマBOX。。。。

f0320408_15431265.jpg
ワンアイディア30分、低予算、撮影期間2日、登場人物3人、オールロケ。
そんな過酷な条件下でも、、百花繚乱な様相を呈した数年があった。

本作が低予算か否かは知らないが、他の条件は全て同じ。空気感もあの頃そのままで、思わず泣きそうになった。

f0320408_15420194.jpg
アンドロイドだしファンタジーだしで、一般受けするとは思えないが、30分800円なので、興味のある方は是非。
私は明日もう一度観に行く。


[PR]
by takako98765 | 2017-06-29 15:45 | シネマ | Comments(0)

【パトリオット・デイ】

【パトリオット・デイ】

監督:ピーター・バーグ
脚本:ピーター・バーグ、 ジョシュア・ゼタマー、 マット・クック
出演:マーク・ウォールバーグ、ケビン・ベーコン、ジョン・グッドマン

f0320408_20225973.jpg

言いたい事はたくさんあるのだが、要するに私とは相性が合わなかったという事だろう。
例えて挙げるなら、犯人逮捕に沸き返ってビールで乾杯している市井の人々の画、あれがどうにもひっかかった。
国民性も違うしテロリズムは断罪すべきだが、一連のシークエンスのベクトルは移民排斥に向いている。そう私は感じた。
尤も、ネットのレビューには「名作!」の文字が並び、そんな風に感じる人間が少数派なのは間違いない。
でもケビン・ベーコンがカッコよかったので、ま、いっか。

f0320408_20230121.jpg


[PR]
by takako98765 | 2017-06-20 20:24 | シネマ | Comments(0)

【セールスマン】

【セールスマン】

監督・脚本:アスガル・ファルハーディー
出演:シャハブ・ホセイニ、タラネ・アリシュスティ

第69回カンヌ国際映画祭コンペティション部門男優賞・脚本賞受賞、
第89回アカデミー賞外国語映画賞受賞。

f0320408_10090119.jpg

トランプ米大統領が出したイスラム国家7カ国への入国制限措置に抗議し、監督と主演女優がアカデミー賞授賞式をボイコットしたことでも有名な本作。

f0320408_10090669.jpg

妻が入浴中に見知らぬ男から暴行を受け、でも警察沙汰にはしたくない妻と、ならば俺がと犯人探しに躍起になる夫。
意外な犯人を前にして、もう許してやろうと訴える妻と、一発殴らなきゃ収まらない夫。

夫婦それぞれの心情が、夫婦が上演する舞台劇『セールスマンの死』と絡めながら描かれていく。

f0320408_10090487.jpg
脚本も映像もそりゃぁ見事で、カンヌもアカデミーも文句はないのだけど、着地点を『寛容』とした辺りに、もしも異なった国際情勢だったら受賞はあったのか的モヤモヤが残りました。


[PR]
by takako98765 | 2017-06-14 10:10 | シネマ | Comments(0)

【22年目の告白 -私が殺人犯です-】

【22年目の告白 -私が殺人犯です-】

監督:入江悠
脚本:入江悠、平田健也
出演:藤原竜也、伊藤英明、夏帆、岩松了、仲村トオル。

f0320408_16420139.jpg

2015年に出版された、あの本に発想を得たのかと思ったら韓国映画『殺人の告白(2012年韓国語版)』のリメイク作品でした。

f0320408_16415829.jpg

途中、すっごい中だるみするし、全編何処かで見たよなディジャブ感満載ですが、それはそれで楽しめました。
ラストカットには毒があってとても良かったのに、横やりが入ったのかタイトルロール中にエクスキューズカットが入っていてガッカリしました。

f0320408_16415501.jpg


[PR]
by takako98765 | 2017-06-13 16:43 | シネマ | Comments(0)