ブログトップ

酒とシネマと不登校児な日々

takako987.exblog.jp

カテゴリ:シネマ( 216 )

【昼顔】

【昼顔】

監督:西谷弘
脚本:井上由美子
出演:上戸彩、斎藤工、伊藤歩、平山浩行

f0320408_11270049.jpg

テレビ連続ドラマの後日談的な作品。
吉瀬美智子と木下ほうかがいないだけで、ネタもシャリも職人も同じなのに、サビ抜きのお寿司になってしまいました。
たとえ大トロでも、否、大トロだからこそ山葵が効いてないといかんのよね。

f0320408_11265480.png
でも前半の上戸ちゃん、さかりのついたメス猫状態を見事に演じていてとても良かったです(^^)。
一方の男性陣は、軒並み頭悪そうでした。まぁ本でも演出でもこれは確実に狙いでしょう。
どっちかわからず悩むのが、息を呑むクライマックスシーンが『ブルース・ブラザース(1980年)』と同じ演出だった事。
しかもよりによって、ネオナチ党首に補佐の男が「ずっと好きでした」と告白するあのシーン。思わず吹きそうになりました。

f0320408_11265867.jpg
あれは一体全体どういう狙いなんだろう。


[PR]
by takako98765 | 2017-06-13 16:39 | シネマ | Comments(0)

【光】

【光】

監督・脚本・編集:河瀨直美
出演:永瀬正敏、水崎綾女、神野三鈴、藤竜也。

f0320408_18404161.jpg

ヒーローは、視力を失いつつある弱視のカメラマン。
ヒロインは、視覚障害者のための映画の音声ガイドの制作者。
二人が共鳴しあうまでのストーリーである以前に、「映画とは?」「表現者とは?」「解説とは?」等々を考えさせられる101分。

f0320408_18412982.jpg
また、ここ数年大変精力的に出演されている藤竜也が、実に素晴らしい。
劇中劇の監督として、またその演者として、「観客の想像力に託す」立場の諦念を瞬間垣間見せた。

f0320408_18422103.jpg
未熟なヒロインを導く上司・神野三鈴の、抑制が効いた寛容も良かった。

f0320408_18434251.jpg
河瀬監督がこんな方なのかな。


[PR]
by takako98765 | 2017-06-08 18:45 | シネマ | Comments(0)

【花戦さ】

【花戦さ】

原作:鬼塚忠「花戦さ(角川書店)」
監督:篠原哲雄
脚本:森下佳子
出演:野村萬斎、市川猿之助、佐藤浩市、佐々木蔵之介、中井貴一。

f0320408_20574106.jpg

「ぬるま湯の如き」という比喩を、私は時に良い意味で使う。
間口が広く、ハードル低く、緊張感なく入りやすい。
嫌な刺激を感じず、長い時間浸かっていられる。
気がつけば体の芯まで温まっていて、湯冷めもしない。
そんな、初夏の昼下がりにサンダル履きで、ぶらり途中下車してふらり観るのが似合う作品。

f0320408_20590359.jpg

萬斎さんの映画作品は欠かさず拝見しているが、ちょっと頭が弱い人間を演じる本作が一番親しみを感じた。

f0320408_20590630.jpg
もう一方の主役、池坊全面協力の立花の数々はどれも素晴らしいの一言。

f0320408_20573726.jpg
秀吉と三成の描き方に若干不満は残るが、クライマックスには息を呑み、エンディングのサプライズではほっと温かい心持ちにさせられた。
ポスター写真に代表されるコメディー路線の宣伝が、完全に足を引っ張ってしまっている。
肩肘張ってないけど、とても真面目な作品よ。
地味だけど滋味(^^)v


[PR]
by takako98765 | 2017-06-07 21:00 | シネマ | Comments(0)

【光をくれた人】

【光をくれた人】

原作:M・L・ステッドマン著『海を照らす光』
監督・脚本:デレク・シアンフランス
出演:マイケル・ファスベンター、アリシア・ヴィキャンデル、レイチェル・ワイズ

f0320408_18253943.jpg

邦題の香ばしさや、
実子を挟んだ養母vs実母話という内容にもイエローサインが点滅したけど、
『ブルーバレンタイン(2010年)』の監督だしなと、自分に言い聞かせて劇場に行きました。

f0320408_18265181.jpg
結果。
立場によって感じ方は違うでしょうが、とにかく夫婦揃って出たとこ勝負。

f0320408_18254241.jpg
特に旦那。腹をくくるという事は、清濁併せ呑む覚悟を決める事なんだよ!
私は不愉快でしたが、子役の芝居に涙している方も多い、お涙頂戴ドラマ。

f0320408_18285619.jpg
あ~~~『八日目の蝉(2011年)』が無性に観たい!

f0320408_18254511.jpg


[PR]
by takako98765 | 2017-06-05 18:29 | シネマ | Comments(0)

【ラストコップ THE MOVIE】

【ラストコップ THE MOVIE】

監督:猪股隆一
脚本:佐藤友治
出演:唐沢寿明、窪田正孝、佐々木希、藤木直人、小日向文世

f0320408_16282301.jpg

テレビドラマの劇場版。
テレビをそのまま劇場に持ってきたかのようなお茶の間感満載で、気楽に楽しめました。
ヒーローがミサイルに突っ込んだ後の結婚式が長すぎ。
演者含めた制作側が一番の盛り上がりにしたかったシーンが、観客側と見事にずれていたのが残念。

f0320408_16282886.png

佐々木希ちゃんが惚れ惚れするほど綺麗でした。渡部にはもったいない!


[PR]
by takako98765 | 2017-06-04 16:29 | シネマ | Comments(0)

【美しい星】

【美しい星】

原作:三島由紀夫『美しい星』
監督:吉田大八
脚本:吉田大八、甲斐聖太郎
出演:りりー・フランキー、亀梨和也、橋本愛、中嶋朋子、佐々木蔵之介

原作未読

f0320408_17193949.jpg

ネットのレビューでは難解な作品と言われいるようですが、いやいややっぱりコメディーでしょう。
だって、地球の末路に向けた真摯な会話の内容は、確かに真面目でヒューマンですが、それ語ってるの、火星人と水星人ですから。

これ、実はウルトラセブンの第8話「狙われた街」を意識して作られたそうです。
メトロン星人とモロボシダンがちゃぶ台を挟んで真面目に地球の未来について話すシーン。

f0320408_17193697.jpg
映画ではテレビ局、ウルトラセブンでは4畳半と場所は違いますが、どちらも宇宙人が、変な場所で、地球人抜きで真面目に地球の話をするという、なんともシュールで笑えます。

ただ、以上の感想は見終わってしばらくしてから言い切れる事で、喜怒哀楽どんな心持ちで見ればいいのか、座り心地が大変悪い127分でした。

f0320408_17201942.jpg
尤も『桐島、部活やめるってよ(2012年)』の印象が強いけど、『クヒオ大佐(2009年)』を舞台にまで引っ張った監督なので、ワケワカメ系が好きな本来の姿に戻られたのではないかな。
桐島~は他の監督でも撮れるけど、この作品は大八監督にしか撮れないしね(^^)

そして私は、どこまでが原作でどこからが脚色なのか、未読原作をポチしたのでした。


[PR]
by takako98765 | 2017-05-29 17:21 | シネマ | Comments(0)

【メッセージ】

【メッセージ】

原作:テッド・チャン「あなたの人生の物語」
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
脚本:エリック・ハイセラー
出演:エイミー・アダムス、ジェレミー・レナー、フォレスト・ウィテカー

原作未読。

f0320408_20444565.jpg

単純な話を小難しく見せる事にかけて右に出る人がいないヴィルヌーブ監督には、
更にソレを深読みするのが大好きファンがおり、ネットには卒業論文と見まごうばかりのレビューが並んでいる。
それらを横目に、もやる感想を持て余し数日間悩んでいたんですが、『ばかうけ』に影響うけて作ったって監督自ら言ってんだから、幾ら『ブレードランナー2』の公開を今秋ひかえていようが、気にする事ないですね。

f0320408_20432490.jpg
この作品で私が学んだ事は一つ「宇宙人って古今東西タコなんだ」。

f0320408_20441661.jpg


[PR]
by takako98765 | 2017-05-23 20:49 | シネマ | Comments(0)

【メッセージ】

【メッセージ】

原作:テッド・チャン「あなたの人生の物語」
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
脚本:エリック・ハイセラー
出演:エイミー・アダムス、ジェレミー・レナー、フォレスト・ウィテカー

原作未読。

f0320408_20444565.jpg

単純な話を小難しく見せる事にかけて右に出る人がいないヴィルヌーブ監督には、
更にソレを深読みするのが大好きファンがおり、ネットには卒業論文と見まごうばかりのレビューが並んでいる。
そんな中、もやる感想を持て余し気味に数日間悩んでいたんですが、『ばかうけ』に影響うけて作ったって監督自ら言ってんだから、幾ら『ブレードランナー2』の公開を今秋ひかえていようが、気にする事ないですね。

f0320408_20432490.jpg
この作品で私が学んだ事は一つ「宇宙人って古今東西タコなんだ」。

f0320408_20441661.jpg


[PR]
by takako98765 | 2017-05-23 20:48 | シネマ | Comments(0)

【帝一の國】

【帝一の國】

原作:古屋兎丸『帝一の國』
監督:永井聡
脚本:いずみ吉紘
出演:菅田将暉、野村周平、竹内涼真、間宮祥太朗、吉田鋼太郎

原作未読。

f0320408_16384053.jpg
開幕5分、『クヒオ大佐(2009年)』

f0320408_16403899.jpg

『地獄でなぜ悪い(2013年)』

f0320408_16403547.jpg

に次ぐ邦画アゲアゲ大傑作誕生!と座り直したのですけどね。

いえ、充分面白いし、大満足ではあったんだけど、興味を惹きつけたままその鼻面を掴んでブンブン振り回す程の狂気がないのが個人的には残念でした。

f0320408_16384564.jpg

出自が『少年ジャンプ』からも判るように、とても健全で、観る人を選ばないポップコーンムービー。

f0320408_16384303.jpg
休日の昼下がり、ビール片手に楽しむには最適だと思います(^^)。


[PR]
by takako98765 | 2017-05-11 16:41 | シネマ | Comments(0)

【名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)】

【名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)】

原作:青山剛昌
監督:静野孔文
脚本:大倉崇裕
声優:高山みなみ、山崎和佳奈、小山力也、堀川りょう、宮川大輔、吉岡里帆

f0320408_13423949.jpg

コナン君はたまにTVでチラ見する程度で、劇場鑑賞は野沢尚脚本『名探偵コナン ベイカー街の亡霊(2002年)』以来。
ぴあの調査による初日満足度ランキングでは満足度92.2ポイントを獲得して第1位。
公開初日に東宝の行なったアンケートでは満足度が「96.1%」、回答者の「93.8%」が「人にすすめる」と回答したそうだが、私はどうかなぁ。
京都が舞台だからか、今では懐かしい二時間サスペンス劇場の香りがしました。

f0320408_13424519.jpg
あと印象に残ったのは、声優さん方の中で、宮川大輔が明らかに浮いてた事かな。

f0320408_13424861.jpg


[PR]
by takako98765 | 2017-05-02 13:44 | シネマ | Comments(0)