ブログトップ

酒とシネマと不登校児な日々

takako987.exblog.jp

<   2014年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

13年ぶりのカラオケ

13年ぶりにカラオケ行ってきました\(^o^)/
上がり症なので、その前にフリードリンクワイン2時間浴びに浴びて、半分意識失った状態で突入!
f0320408_15221925.jpg
f0320408_15334064.jpg
f0320408_15415800.jpg
f0320408_15305331.jpg
f0320408_15310249.jpg
f0320408_15304940.jpg
f0320408_15223171.jpg
f0320408_15303068.jpg
f0320408_15223381.jpg
f0320408_15305943.jpg
キャンデーズ初めて歌ったけど、何十年も耳にしているから何とか歌えるもんだね~。
次回、キャンディーズメドレー頑張ります♪

[PR]
by takako98765 | 2014-05-31 15:47 | SYOUWA | Comments(0)

ペアレント・トレーニング

『ペアレント・トレーニングの基礎講座』なるものを先日拝聴してきた。
講師は立正大学心理学部・中田洋二郎教授。
f0320408_18355244.jpg
色々面白かったが、特に印象的だったのは『褒めるという行動の定義付け』と、その実践内容。

褒めるとは『その行動に気づいている事を相手に伝える事』であり、
中学生以上に対する褒め方は、さりげなく、その子の内面の成長をほのめかすのがよろしいとの事。
内面とは「価値観、感情、性格」など、との事。わからないよね~
f0320408_18464080.jpg
以下、発達障害児を育てている親にしか分からないこと。
『→』は、講義を聞きながら具体的にこんな事かなとメモしした我が家の場合。

①やることの中身が少しでも向上している。
→皿洗いに洗い残しがなくなっている。

②感情を以前よりも抑える行動が出来る。
→カッとしても声を荒らげなくなった。

③自発的に賢い判断をする。
→怒っている母の側に近寄らない。
f0320408_18355623.jpg
④考えて行動をする。
→可愛いからといってネコにやたら餌をやらない。

⑤他の人の気持ちを考える、思いやりや気遣いをあらわす。
→「ありがとう」が言える。
f0320408_18355870.jpg
⑥誘惑に負けず、家族の決まりに従う。
→定刻にベットに入るため、30分前にゲームを止める。

⑦自分の事を理解出来、素直に認める事が出来る。
→「ごめんなさい」が言える。

⑧次に起きる事を予測して行動する。
→母の「早くお風呂入りなさい!」のトーンが高くなってきたら、風呂に入る。
f0320408_18360187.jpg
なんか、自分の事ばっかりになっちゃった。
でも、かれこれ13年間母親してるんだから、別に母の日でなくとも、一度位は「ありがとう」と言われたいな~。
f0320408_18523755.jpg







[PR]
by takako98765 | 2014-05-30 18:54 | 発達障害 | Comments(0)

『WOOD JOB!~神去なあなあ日常~』

『WOOD JOB!~神去なあなあ日常~』
f0320408_18233388.jpg
染谷将太の『俺の芝居は一筋縄ではいかないぜぇ』な佇まいが苦手。
伊藤英明の『マッシュルーム好きの猿』というイメージがどうにも消えず。
長澤まさみの『清純派』イメージが嘘くさく邪魔くさい。尤も、本人も先日テレビで「長澤まさみは作られた物」と発言していましたが。
観る前から観たような気分になってしまうベタなプロット。
林業の汗臭く男くさいイメージが苦手。

以上5つの要素から、観るのが遅くなってしまった作品だったれど、いざ腹を据えて観てしまえば、
原作:三浦しをん、監督・脚本:矢口史靖。
f0320408_18203441.jpg
これで、面白くないハズがないのだった。

確かに想像通りの展開だったけど、役者陣が、スタント使わず身体を張っていたのが、驚きを通り越して清々しかった。
f0320408_18150999.jpg
マッシュルーム猿は、猿そのもので驀進してたし、
f0320408_18150588.png
長澤まさみも、毎度お得意の美脚を封印して気持よくバイク乗り回し、
f0320408_18283005.jpg
染谷将太は『俺はチャラ男も出来るんだぜ~』と気持よくアホを演じていた。
f0320408_18150234.png
もう何から何まで気持ちいい。
田舎や林業を美化する事なく、でも林業LOVEな気持ち判る判るにさせられて、気持ちよ~く映画館を後にしたのでした。
やっぱり矢口監督は面白い!
f0320408_18315218.jpg
Good job!





[PR]
by takako98765 | 2014-05-29 18:33 | シネマ | Comments(0)

『青天の霹靂』

『青天の霹靂』
評判いいみたいですね。
シンプルな親子物で90分が勝因かな。
f0320408_18345778.jpg
柴咲コウはさすがの安定感。
大泉洋も笑いとペーソス、得意分野をまんべんなく披露した感じ。
f0320408_18363562.jpg
披露といえば手品が素晴らしかった。
十何種類をズルなし1カットで披露している。
ステージで華麗なマジシャンを演じる洋ちゃんは、どえらくカッコよかった。
f0320408_18320107.jpg
一方、この二人に対して劇団ひとりは、やっぱりお芝居の上では素人さんかな、と。
一本調子で、二人に何とか引っ張って貰っていた感じ。

演出というか絵作りに関しても、新人さんなのは否めない。
映画ならではの画がなかったり、
凝りすぎて妙な紗がかかったり、
ラスト、やけにテンポが落ちたり、

脚本も含めて、2時間スペシャルドラマとの差異が見当たらない感じ。

でもセンスもあるし、嫌いじゃないです、こういう話。
f0320408_18320418.jpg
次作に期待。


[PR]
by takako98765 | 2014-05-28 18:37 | シネマ | Comments(0)

利き酒会in赤鬼@三軒茶屋

只今、年に2回の利き酒会大入り満員中(≧∇≦)
23時半までやってるよん
f0320408_1911381.jpg

f0320408_1911485.jpg

f0320408_1911551.jpg

f0320408_191162.jpg


で、今味見中のおちゃけ
f0320408_1911665.jpg

f0320408_1911741.jpg

[PR]
by takako98765 | 2014-05-27 18:56 | | Comments(0)

桜田淳子

陽水の「リバーサイドホテル」を聞くと「ニューヨーク恋物語」が脳裏に浮かび、桜田淳子を思い出す。
f0320408_22471448.jpg
真田広之を「サカイリちゃん」と顎で使う、やたら攻撃的かつ上昇志向なディーラーで、メチャクチャ鼻につく女。
f0320408_22471883.jpg
このやーな役柄が、実に合っていた。
「本当の彼女よりも本当っぽい」と思ったのは私だけではあるまい。

思うに、彼女はアイドルとして王道すぎて同性からの支持を受けにくいタイプなんではなかろうか。
f0320408_22472100.jpg
ここだけの話、性格良くて真面目な努力家で美人って、案外女性は好きじゃないんだよ。
華々しいデビューを飾ったけど、女性ファンはあっという間に百恵ちゃんにいっちゃったし。
f0320408_22492455.jpg
逆に男性ファンは、そういうところがまたケナゲでいいのかもしれん。

昭和の頃ファン心理はね。
今はどうなんだろう。
遠視が進んで顔の判別がつかん。
f0320408_23162256.jpg






[PR]
by takako98765 | 2014-05-26 23:18 | SYOUWA | Comments(0)

TBS報道特集・不登校特集

5月24日OAされたTBS系『報道特集』の「不登校特集」に絶句した。
f0320408_20020067.jpg
シューレグループ(フリースクール東京シューレ・シューレ葛飾中学校・不登校新聞)に関わる子どもたちを取り上げていたのだが、スタジオでのまとめにぶっとんだ。

「不登校を長く温かい目で見守っていて欲しい」と活動するシューレの「楽しそうな子どもたちの画」に乗せて、
「不登校は『早期対策』しないと大変な事になります」と言ってのけたのだ。
それも、不安商法みたいな言い方で。

何の根拠にも基づかない、すごく唐突感がある結論付けだった。
別にシューレの肩を持つ訳ではないが、内容もぶれまくりで全然整理されていないし。
先に結論ありきで、ただ不登校児の映像が欲しかっただけなのか、
それらしい事を言わないと視聴者が納得しない、番組が締まらないと思ったのか。

5月26日(月)23:00~TBSニュースバードで再放送。
f0320408_20085616.jpg



[PR]
by takako98765 | 2014-05-25 20:09 | 発達障害 | Comments(0)

井上陽水 氷の世界ツアー2014

井上陽水のライブに行ってきた。
f0320408_21340655.jpg
すっごく好き♪ という訳ではないのだけど、気づくとライブに足を運んでいる。
そんな私と陽水との(一方的な)関係をつらつらと書いていたら、ものすごい量になってしまったので、これは次回改めて。
といって、ライブについての説明も、すごい量になってしまうので、とりあえず今回印象的(&私の好き)だった三曲について。

『氷の世界(アルバムではなく唄の方)』
この唄は、日本で初めて発生したパンクだと思う。
んで、40年経ってもその内容・パワー・楽曲が古びてないどころか時代とマッチする事に、毎年ライブで聞く度に驚き、感動する。
f0320408_21360621.png
『帰れない二人』
これもまたMy陽水Best3に入る曲なんだが、清志郎亡くなって以来、自分のドラマより清志郎を思いだす。
貧乏だった四畳半時代の変人同士の陽水・清志郎の友情、しみじみして涙してしまう。
f0320408_21381157.jpg
『心もよう』
今回ライブで歌われるまで全くこの唄の存在を忘れていたが、確かに40年前にこれで大ブレイクした陽水の唄。
強く強く時代を感じさせる唄で、未だ現代に通じる陽水の他の楽曲の中でも明らかに違う。
こういう部分を鑑みるに、この人は一生ヒット曲&金に困らないんだろうなぁと改めて思った。
f0320408_21391320.jpg


[PR]
by takako98765 | 2014-05-24 21:48 | ステージ | Comments(0)

クローズEXPLODE

まあ、あんな事や、こんな事があって、雨嵐の中を池袋まで観に行った訳なんですが、これがもうもう、驚きの連続。
f0320408_14220951.jpg
テンポ悪いし、
脚本は弱いし、
役者下手だし、
画に力ないし、
もうもうもうもう
柳楽優弥以外、まったくもって見どころなし。
f0320408_14221471.jpg
三池崇史&武藤将吾~~カムバーーーク!!!!
f0320408_14221776.jpg
ストレス解消のつもりが更に背負わされ。。。
厄日だ。


[PR]
by takako98765 | 2014-05-23 14:30 | シネマ | Comments(0)

赤鬼@三軒茶屋in手打ち蕎麦

GW明けに赤鬼PBが到着し、
17日から山愚の蕎麦が始まり、
赤鬼@三軒茶屋はすっかり初夏の装い\(^o^)/

赤鬼PBとは、十四代 純米大吟醸 赤鬼プライベートブランド。
f0320408_14454859.jpg
無論、赤鬼でしか呑めない限定300本。
早い者勝ちで~す。

そして『健生庵山愚』とは、
赤鬼オーナーの滝さんが、趣味ではじめた蕎麦打ちに嵌りまくりで美味すぎて、16年前に信州は木島平に居を構えて始めたお蕎麦屋さん。
f0320408_14455484.jpg
雪の間は店休業で滝さんスキー三昧ですが、
5月中旬からは、腱鞘炎になるほどの必殺蕎麦打ち職人に変身。
東京の店にも国産100%の石臼挽き自家製粉十割蕎麦が毎日直送されてきます。
f0320408_14482941.jpg
こちらも早い者勝ち、というか予約必至。
席の予約を入れた時、刺し身と蕎麦も忘れずに♪

旨い肴で旨い日本酒、その〆に旨い日本蕎麦。
ささやかに見えてこれほどの贅沢はなかなかない(^^)v

他に、昨日味見した酒
f0320408_14481573.jpg
f0320408_14481903.jpg
f0320408_14482101.jpg
f0320408_14482793.jpg
これ、焼酎やジンみたいなネーミング&ラベルだけど、めっさ美味どした。

[PR]
by takako98765 | 2014-05-22 15:15 | | Comments(0)