ブログトップ

酒とシネマと不登校児な日々

takako987.exblog.jp

<   2015年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧

エセ・レトロ

つい最近出来た店。
そう広くはない店内に、昭和初期のポスターが(^^)
f0320408_19354833.jpg

でもコレはどうなんだろう。
事情は分かるけど、実際にホッピー出しているんだから金額は記入すべきじゃないかな。
f0320408_22354928.jpg
それでこそ光るもんだと思うけど。
バイスサワーもね。

店の狙いと裏腹に気分はダダ下がり。



[PR]
by takako98765 | 2015-01-31 22:44 | | Comments(0)

しょんべん横丁

久しぶりの新宿西口思い出横丁、通称「しょんべん横丁」。
外国人の観光客が多く、昔ながらの店とカタコトで呼び込みする店が絶妙に入り混じっていた。
f0320408_22205466.jpg
まずは「カブト」。
創業昭和28年、鰻一筋の店
鰻と言ってもいろいろな部位を串に刺した、焼鳥のような形で提供。
f0320408_22154833.jpg
○ドアがない。
○推奨メニューは「一通り」。
○錦戸亮に笑顔がそっくりのお兄ちゃんの客あしらいが絶品。
f0320408_22195310.jpg
そして道路を跨いで「ボルガ」。
こちらの創業は昭和24年。
名物メニューはばん焼き、いわゆるもつ焼き盛り合わせ。
f0320408_22155651.jpg
○二階席の方が風情がある。
○一階は奥が深く、見た感じよりキャパがある。
○新メニューとして追加された品名が、板壁に釘で彫ってある。
f0320408_22160029.jpg
駅から3分でいながら、昭和ヘビーユーザーなセットです(^^)。


[PR]
by takako98765 | 2015-01-30 22:22 | | Comments(0)

『ビック・アイズ』

『ビック・アイズ』

f0320408_21580596.jpg

1950~60年代のサンフランシスコがとてもステキ。
町並みもファッションもインテリアもイラストのような色彩で、ダークな色調が印象的なティム・バートンの中では、少々異質な感じ。

f0320408_21580891.jpg

妻・エイミー・アダムスが主役という事になってはいるが、見事なゲスッぷりの夫・クリフトフ・ヴァルツあっての作品。

f0320408_21581722.jpg

バートン色が薄くて肩透かしをくらったけど、これはこれで悪くはない


最初に絵を持ち込んだ画廊の人は「妻の絵」と説明した夫の話を聞いていたのに、すっかり忘れている様子なのが残念。
てか、伏線じゃなかったのかよ、だったら描くなよと、そこはちょっと怒ったりして。


[PR]
by takako98765 | 2015-01-29 21:59 | シネマ | Comments(0)

ドリカムな恋

恋多き女ではないが、絶えず誰かに恋をしていた。
恋とは言わないかもしれない「友達以上恋人未満」。
こいつが心地いいんだわ
f0320408_23054480.jpg
恋人となっちゃうと、色々とシチ面倒くさいでしょ。
独占欲が薄く永遠の愛なんてモンも信じていない私は、いいとこ取りができるコウモリ的ポジションが好き。
ユーミンの時代は「恋人になれないから仕方ないから友達になる」だったけど、平成直前それをドリカムが一掃。
そんな、男女の友情が様々な姿に変えていった時代を生きてきたアレやコレやが、骨の髄まで染み込んでいる
f0320408_23073496.jpg
無論、相手に恋人ができたら風のようにサッと一線を引く、これ鉄則。
立つ鳥後を濁さずにいれば、何年かして(振られて)戻ってくる可能性もない訳じゃありませんので。
f0320408_23105437.jpg
恋愛とは言わないけど、ふとした仕草にときめいたり、切なくなったり、いじけたり。。。充分に恋だと思います。
バーチャルな相手に恋する。
ツイッターの相手に恋する。
犬や猫やフクロウに恋する。
f0320408_23120360.jpg
恋と言って構わないと思うよ、私は(^^)


[PR]
by takako98765 | 2015-01-27 23:15 | SYOUWA | Comments(0)

『来来来』@三軒茶屋

三軒茶屋には二軒の長崎ちゃんぽん屋があり、うまい具合に棲み分けている。
一つは超激大盛りでも有名、とんねるずに★3つ貰った『長崎』
もう一つは、福山雅治様絶賛という都市伝説を持つ『来来来』
f0320408_22312429.jpg
石神先生一押しの店としても有名。
f0320408_22340011.jpg
来来来には、通常のちゃんぽん/皿うどんの他に『鳥ちゃんぽん/皿』『そろぼちゃんぽん/皿』がある。
開店当時から30年、私は1回を除いて『通常のちゃんぽん』しか食べた事がない。
例外の一食は皿うどん。長崎風のかなり甘い味付けで、私の口には合わなかった。

鳥ちゃんぽんが旨いという噂を知ってはいたが、
ちゃんぽんの具が「豚肉、いか下足、小えび、キャベツ、もやし、紅白はんぺん、さつま揚げに対して
「鳥・キャベツ・もやし・ピーマン・キクラゲ」ではあまりに寂しい。
f0320408_22311602.jpg
今日こそは鳥を頼むぞ! と固い決意で入店しても、
いざオーダーの時には「ちゃんぽん」と言ってしまう、
私は意志が弱い女です。

だが、もう若くはない舌や身体はシンプルを求めている。
そして苦節30年、本日、ようやく注文しました「鳥ちゃんぽん」
f0320408_22312156.jpg
f0320408_22332354.jpg
いやー噂にたがわず美味でした。
雑味なく、すっきりとしたスープに柔らかい鳥が良く合います。
だけどやっぱり、ちょっと寂しかったかな。



[PR]
by takako98765 | 2015-01-26 22:37 | ラーメン | Comments(0)

料理上手な友達

昨日は料理上手な友達のお宅でお母様80歳おめでとうパーティー♪

新玉ねぎと帆立のポタージュ&トマトのファルシー&和風出汁ゼリーとフォアグラ
f0320408_22215326.jpg
塩レモンに漬けたチキンソテーと胡桃のクレソンサラダ
f0320408_22204239.jpg
ホタテのカナッペ
f0320408_22194168.jpg
自家製梅干しと鳥と蓮根の生春巻き
f0320408_22205488.jpg
フルーツトマトのお浸し
f0320408_22205134.jpg
鯛のカルパッチョ
f0320408_22194593.jpg
ハッセルバックポテト
f0320408_22193768.jpg
牛ほほ肉のトロトロシチュー
f0320408_22193142.jpg
7人分を一人で作りながら涼しい顔してカパカパ呑んでいるってカッコ良すぎる(((o(*゚▽゚*)o)))
料理上手な人、マジ憧れちゃうぜ。

美味しい物を食べると問答無用で笑顔になるよね。

写真忘れちゃったけど、6人でカヴァ3本&赤ワイン3本空けましたヽ(*´∀`)ノ



[PR]
by takako98765 | 2015-01-25 22:37 | | Comments(0)

フクロウカフェ『ピッコログーフォ』

今、一番おきにいりのカフェは、品川区中延商店街にある『ピッコロ・グーフォ』
フクロウやミミズクが8羽いて、混雑時でなければ彼らをナデナデできます(^^)
f0320408_22542132.jpg
アルコール類は500円から。生ビールは550円♪
月曜定休日。TwitterやFBによると、最近14時開店が多いようです。

頑張って欲しいけど、何しろマイナーな商店街だから、先行きちょっと心配。
看板が小さめでわかりづらいのもマイナスポイント。
f0320408_23003899.jpg
何も考えずにボーッと見ていると、あっという間に2時間位経ってしまう。
めちゃくちゃ癒されますヽ(*´∀`)ノ
f0320408_23004308.jpg

[PR]
by takako98765 | 2015-01-22 23:02 | | Comments(0)

『ベイマックス』

『ベイマックス』

f0320408_23102869.jpg

この作品、観る予定はなかったけど、イスラム国の事件があり、日本&日本人が欧米各国からどんな風に見えているのかを知りたくて観劇。

結果、主役の男子は日本人ではなくアジア系カルフォルニア男子だったけど、舞台となった日本は、ブレードランナー時代のものだった。あの時代からまったく変わってないのね。

f0320408_23103302.jpg
f0320408_23141344.jpg

作品に対する感想は、減点法なら100点、加点法だと30点。
ストーリーに目新しさは皆無だったけど、懐かしい日本アニメヒーローのあれこれと再会できたのが楽しかったです。

f0320408_23103791.jpg
f0320408_23152700.png

20人の脚本家で作るとなるほどこういうトゲも角もないツルツル作品になるんだな、と納得しました。
ディズニーアニメと思えば文句はないけど、Pixar作品としては、ちょっとどうしたのコレ~な感じ。
大人の世界の話だけど、トイストーリーのあのドキドキ感とか、もう見れないのかよと、ガッカリ。

f0320408_23163709.png


[PR]
by takako98765 | 2015-01-21 23:19 | シネマ | Comments(0)

ペアレントトレーニング・その2

具体的に書くと、ちょっとまた色々とアレなのかもしれないので、ざっくりと。
f0320408_21415954.jpg
子どもと家族の心の発達とそれぞれの成長の過程で起きるさまざまな問題(発達障害、不登校、家庭内暴力、非行etc.)の成因と支援について、研究と実践の双方からのアプローチを専門としている大学教授に、我が家のあんな事こんな事を相談する機会を得ました。

「その行動は、発達特性ではなく不登校児特有の物です。それに年齢的な問題も加味されてますね」
など、多面的総合的な判断をされる方です(^^)。

今、現実に困っている事項に対しても、言葉かけ以上の、具体的な指示をいただけたのが大変ありがたかった。
f0320408_21430687.jpg
私が受けたのはペアレントトレーニングと言われる物です。
2時間の質疑応答、サジェスション、ディスカッション、インプリケーションの後、今後の課題として、こんな宿題を出していただきました。

○急いではダメ。今のペースを守る。
現状で充分である事を子ども自身にも伝える。
この相手なら平気だろうと無理に話させようとすると、緘黙症になる。
f0320408_21440697.jpg
○子ども、父親をそれぞれ褒める。
どの行動に対して褒められているかが理解できないので、具体的に告げる
「お母さんの事を考えて○○してくれたのね、ありがとう」
「貴方が一緒にゲームしてくれていたおかげでゆっくりできたわ、ありがとう」
f0320408_21473469.jpg
○失敗は避ける。
外出など頑張って行動した結果は楽しい思い出で終わらせるようにする。
「ココに来れたからこんな美味しい物が食べれるんだね」と”良い”を具象化する。
その後も繰り返し、楽しかった状況を思い出させる。
f0320408_21501865.jpg
○して欲しくない行動に関しては、逆算して行動に移させないようにする。
f0320408_21512169.jpg
○曜日の感覚を取り戻す&スケジュール管理の第一歩として、ホワイトボードを設置して明日の予定を書き込む。

f0320408_21542075.jpg
他の問題に関しては、親だって人間だからそんないっぺんに変われないのでまた今度だそうです(^^)
そういうところ、好きだな、中田先生♪



[PR]
by takako98765 | 2015-01-20 21:58 | 発達障害 | Comments(0)

奥鬼怒温泉郷今昔

1985年ぐらい。
ワープロ・ルポと一太郎がうまれ、いちご大福が大ヒットし、聖輝の挙式が行われた頃。
f0320408_22414724.jpg
世の中はキラキラで、だからこそ電気も通じていない秘湯の宿ブームが生まれ、私も友達に連れられてあちこちまわっていた。

奥鬼怒温泉郷にある八丁の湯や加仁湯などは、部屋は電気だが風呂場はランプというお手頃な秘境で、何度か行っていた。
雪に半分埋もれかけていて、露天風呂から戻る時なんか遭難しそうだった。
f0320408_22394510.jpg
それが、このたび友達がいくというので宿ググってみたら、別人のような温泉宿になっていて驚いた。
f0320408_22395312.jpg
加仁湯は名前からして「ホテル」になってるし
八丁の湯なんてカナダから取り寄せたログハウス!
f0320408_22395041.jpg

考えてみれば代替わりも2回ぐらいしてるから当然なんだけど、浦島太郎ってこんな気分だったんだろうな。



[PR]
by takako98765 | 2015-01-17 22:53 | SYOUWA | Comments(0)