ブログトップ

酒とシネマと不登校児な日々

takako987.exblog.jp

<   2015年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

『ターミネーター:ジェネシス』

『ターミネーター:ジェネシス』

監督:アラン・テイラー

脚本:ジェームス・キャメロン・ゲイル・アン・ハード

f0320408_20053822.jpg

賛否両論ある本作、確かにプロットはいかがなものかと思いましたが、そんな杞憂をふっとばすほどの映像があり、これはこれで充分楽しめました。
ただ、いくら時間軸が違うとはいっても、サラ・コナーはああじゃない。

f0320408_20061915.jpg
演じるエミリア・クラークが何故か宮崎美子に見えてしまい、脳内延々と斉藤哲夫の歌が流れていました。

f0320408_20062422.jpg


[PR]
by takako98765 | 2015-07-31 20:08 | シネマ | Comments(0)

『HERO』

『HERO』
監督:鈴木雅之
脚本:福田靖
出演:木村拓也、松たか子、北川景子 他

f0320408_17265267.png

前作の無理矢理感溢れる韓国ロケを忘れさせてくれるほど、今回は手堅く面白かったです。
改めて思ったのは、私はだだだだ大好きだ、鈴木雅之作品が。

雅之ブランドの中でも特に私が好きな作品

f0320408_17265740.jpg

「白鳥麗子でございます」

f0320408_17282199.jpg
「29歳のクリスマス」
f0320408_17342657.jpg

「17才」

f0320408_17372085.jpg
「王様のレストラン」

f0320408_17372327.jpg
「まだ恋は始まらない」
f0320408_17375416.jpeg

「スタアの恋」

f0320408_17270000.jpg
「鹿男あをによし」

星護さんと共に、もっともっと活躍して欲しいなぁ


[PR]
by takako98765 | 2015-07-24 17:40 | シネマ | Comments(0)

『正しい教室』(wowow)

『正しい教室』(wowow)

作・演出:蓬莱竜太
出演:井上芳雄、鈴木砂羽、小島聖、近藤正臣
f0320408_16555709.jpg
小学校の同窓会で明かされるある事件の真相。
そこに乱入してくる嫌われ者だった担任教師。
そんな、シンプルなストレイトプレイ。

近藤さんの独壇場でした。
この方、ヒールをやられるとめちゃくちゃカッコいい。
f0320408_16585164.jpg
でもその昔、キンチョーでやったたぬきもチャーミングだった。
f0320408_16560078.jpg
もっと大昔、爪先でピアノを弾いてた時の爆発力は計り知れなかった。
f0320408_16560350.jpg
いつの時代でも、その世代での色気を醸し出されている。

親ではなく、親戚のおじさま辺りのポジションに居て欲しいな~。


[PR]
by takako98765 | 2015-07-12 16:59 | ステージ | Comments(0)

つじたくVol.1

東京セレソンデラックス・宅間孝行と、

f0320408_21024620.jpg
吉本新喜劇・辻本茂雄のユニット

f0320408_21035840.jpg

『つじたく』

f0320408_21024310.jpg
2日間しかない公演でしたが、前から5列目ど真ん中で観てきました。


幕間に綺麗なお姉さん達のダンスパフォーマンスを挟んだ30分ほどのコント劇4本。
吉本新喜劇の「新幹線B席!」
宅間孝行脚本の「初恋レストラン」「誘拐犯の憂鬱」「DUET」


カーテンコールで辻本さんが「テンポが早くて大変だった」とボヤいてたけど、確かにまったり感が魅力の新喜劇「新幹線~」が見事アップテンポな宅間色に染まっていて、これが一番面白かったかな。


あとの3本は脚本演出:宅間孝行と、宅間色が強すぎて、ユニットというよりも「ゲスト・辻本茂雄」な感じでした。
宅間孝行の芝居はアクが強いから、新喜劇の脚本で「ゲスト・宅間」ぐらいの方がバランス良かったのかも。

f0320408_21054731.jpg

でも気楽に見れて楽しかったです。
vol2に期待。

劇場は六本木、マチネ終了は16時半。
そして夕闇のギロッポンに繰り出した話はまた別の機会に(^^)

f0320408_21081910.jpg


[PR]
by takako98765 | 2015-07-09 21:09 | ステージ | Comments(0)

スペクトラムな落語会

寄席に通いだすとキリがないので自粛してるけど、近場で開催される落語会には出来る限り行ってます。
f0320408_22282640.jpg
沈みがちな気持ちを上げるため、スカッと笑いたいヽ(*´∀`)ノ
f0320408_22281794.jpg
なぁんて理由より大きいのが、落語の語り口調を、我が身に染み込ませる事。

落語って不思議なものです。
冷静に考えればとんでもなく悲惨な話でも、落語の語り口で言われると何故か笑える。
f0320408_22282272.jpg
子どもや旦那や教師や医者や役人やあれやこれやにキーッ!! となった時、今のこの状況を落語で語るとどうなるか。
てな事を考えます。

三本足りない息子がそんな事を言ったもんだからさぁ大変。
「このクソガキめ」と怒鳴ったおとっさんに、おっかさんが「あんたクソガキって誰の事ッ」
「なにもお前さんに怒ったわけじゃなし、何熱くなってんだよ」
「いーえ、あたしの育て方が悪いって、口には出さないけどアンタそう思ってんでしょ」
そんなこんなでつかみ合いにまで発展した夫婦喧嘩がいっときほど続いたでしょうか、疲れ果てた二人がふと振り返ってみると、
とうのクソガキは再び布団に潜り込んで朝寝の続きをしておりました。
f0320408_22282946.jpg
なんて感じで落語調に脳内実況中継すると、しんどいシーンもあんがいクスッと笑えるものです。

喜劇は悲劇、悲劇は喜劇(^^)


[PR]
by takako98765 | 2015-07-07 22:29 | 発達障害 | Comments(0)

スペクトラムな「単位売りまっせ」

去年に引き続き、今年も行ってきました「通信制高校サポート校合同説明会」
f0320408_22503227.jpg
集った父兄は去年の1.3倍ぐらいで、参加校は23校。そりゃもう大盛況でした。

引きこもりで通学が難しい、更に学力が小学校卒業時で止まっているスペクトラム君が、身の程知らずにも高卒の資格を取ろうとした場合、相当な学費が必要なようです。

今、サラッと書きましたが、読み違えではございません。
「お金で何とかなりまっせ」と耳元で呟いてくれた学校が確かにありました。
資本主義国家バンザイです。
f0320408_22551153.jpg
健康食品売りつけるような営業口調でまくして立てる先生は絶好調だったけど、澱んだオーラの裏に不実が透けて、10分話しただけでぐったり疲れちゃった。

あそこは、まあ、ないな。
ん、でも、いざとなったら、分からないけど。
だって・・・
f0320408_22561714.jpg
いざとなる時が来ないように、出来る限りのテは尽くさないとね。
とりあえず夏休みまでにあと3校回る予定。
お天気悪くても構わないから、どうか暑くなりませんように。


[PR]
by takako98765 | 2015-07-05 22:59 | 発達障害 | Comments(0)

『予告犯』

『予告犯』

原作:筒井哲也
脚本:林民生
監督:中村義洋

f0320408_21270666.jpg

想像していたよりもかなり切ない内容だった。
しかし、格差問題、派遣切り、ワープア、ニート、臓器提供、給食費未払い、ネット犯罪などなど現代の世相を盛り込み過ぎて、逆に話が弱く薄くなってしまったのは残念。
脚本打ち合わせ段階では「これは名作になる」とかなり盛り上がっただろうに迷作に落ち着いてしまった。

f0320408_21271389.jpg

決定づけたのは、登場人物の葛藤を描かなかった事。
「それこそが未来がない今の若者のリアルな姿」という意見もあるだろうが、もうひと踏ん張りして欲しかった。

f0320408_21280807.jpg

ラスト、刑事の取り調べに笑いながら泣く荒川良々が素晴らしかった。


f0320408_21271613.png


[PR]
by takako98765 | 2015-07-03 21:29 | シネマ | Comments(0)

『海街diary』

『海街diary』

f0320408_17405897.png

原作:吉田秋生

f0320408_17501256.jpg
監督、脚本:是枝裕和

鎌倉を舞台とした、現代版小津at若草物語in是枝world。

f0320408_17470643.jpg

人物設定にドラマが内包されているため、石を投げ込まなくても絶えず小さなさざなみを感じさせる作りになっている。

f0320408_17471794.jpg

脚本・演者・演出・美術・照明・ロケ地・キャスティング。

f0320408_17500705.jpg
全て文句のつけようがないが、それが過ぎて「心と体と目に優しい癒し系の環境ビデオ」の体をなしている気がしなくもない。

同じテイストなら、やはり是枝監督の「歩いても歩いても」の方が個人的には好き。

f0320408_17501001.jpg
どちらの作品においても、蜂の一刺しをする樹木希林さんがステキ(^^)


[PR]
by takako98765 | 2015-07-02 17:52 | シネマ | Comments(0)