ブログトップ

酒とシネマと不登校児な日々

takako987.exblog.jp

<   2016年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

【日本で一番悪い奴ら】

【日本で一番悪い奴ら】

原作;稲葉圭昭『恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白』
脚本:池上純哉
監督:白石和彌
出演;綾野剛・中村獅童・ピエール瀧・YOUNG DAIS

f0320408_21523585.jpg

とにかく綾野剛、何が何でも綾野剛。360°綾野剛な作品。

f0320408_21523875.jpg
『凶悪(2013)』から思いっきりエンタメに舵を切った白石監督だが、ラストシーンと、その後に流れるクレジットで、「あれ、これ社会派だったんだ」と思った。
ところがそこに東京スカパラのご機嫌な主題歌が流れるので、感情が少々混乱します。
スカパラファンだけど、あの印象的なラストを活かすのであれば、違う楽曲の方が良かったような気も。

f0320408_21524182.png

でも傑作力作です。
同調圧力やら洗脳やら社畜やら、絵面は派手だけどニッポンの会社員にはとても身近な話なので、お時間があるようなら是非。
綾野剛が苦手な人にはオススメしないけど。


[PR]
by takako98765 | 2016-06-30 21:53 | Comments(0)

【コペンハーゲン】

【コペンハーゲン】
シス・カンパニー公演

作:マイケル・フレイン。
演出・上演台本:小川絵梨子。
出演:段田安則・宮沢りえ・浅野和之。

f0320408_18360229.jpg

原子炉を模しているのだろう制御棒を思わせる10本の細い柱だけのシンプルなステージ。
3人それぞれの過去・未来・独白がアヤトリのように繰り広げられていく会話劇。

f0320408_18360890.jpg
濃厚で緊迫感があり、力強く繊細な、小川演劇の真骨頂。

f0320408_18360549.jpg

ただ、観客の集中力が問われる舞台なので、休憩を挟んだ2幕目は元のテンションに戻れず苦しむ人も少なくなかったよう。
かくゆう私もその一人。
再演の際は、中入りをいれないバージョンも考えていただけたら嬉しいです。


[PR]
by takako98765 | 2016-06-28 18:37 | ステージ | Comments(0)

【筋書ナシコ】 ラッパ屋第42回公演

【筋書ナシコ】
ラッパ屋第42回公演

作・演出:鈴木聡
出演:岩橋道子、谷川清美、松村武、俵木藤汰、木村靖司

f0320408_20591369.jpg

久しぶりの「サラリーマン劇団」ラッパ屋。
結成三十年を越した、R40歳キャストが繰り出す笑いは愛しく、体にも心にも優しい。

f0320408_20591689.jpg

年に一度は味わいたい故郷の味ってこんな感じかなと、東京生まれ東京育ちは夢想するのでした。

f0320408_20591877.jpg


[PR]
by takako98765 | 2016-06-23 21:01 | ステージ | Comments(0)

【マネーモンスター】

【マネーモンスター】

監督:ジョディ・フォスター
脚本:アラン・ディ・フィオーレ、ジム・カウフ、ジェイミー・リンデン
出演:ジョージ・クルーニー、ジュリア・ロバーツ、ジャック・オコンネル
f0320408_16463052.jpg
99分を一気に駆け抜ける疾走感が心地よい、ハラハラドキドキ中だるみゼロのご機嫌なエンタメ。
歌って踊るアメリカーンなヘタレタレントのジョージ・クルーニーがとっても新鮮。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。
ただ事件自体の真相は薄く、その見せ方も短調なため、サスペンス物としての点は少々辛くなる。
f0320408_16464145.png
大御所二人を相手に、キレやすいおバカな若者っぷりを見事に演じたオコンネルに拍手。
f0320408_16464431.jpg
クルーニーがジュリア・ロバーツと共に迎えるラストはリアルでほろ苦く、テーマがストレートに伝わってくる。
f0320408_16463731.jpg

[PR]
by takako98765 | 2016-06-17 16:47 | シネマ | Comments(0)

【メルシー!おもてなし~志の輔らくごMIX~】

【メルシー!おもてなし~志の輔らくごMIX~】

PARCOプロデュース


原作:立川志の輔 「踊るファックス」「ディアファミリー」「ガラガラ」「メルシーひな祭り」 
脚本・演出:G2
出演:中井貴一 勝村政信 音尾琢真 YOU 阿南健治 

f0320408_14233757.jpg

公演に関わったスタッフは50人を越すという。
脚本は、志の輔落語の中でも特に評価の高い四本で織り上げた。
シーン毎のセットや美術は、展開も含めて計算され尽くした物。
キャストは全員はまり役、芸達者な指が笑いのツボを押しまくる。

f0320408_14234402.png

かように、様々なプロ集団の英知を結集させた舞台、非のつけ所がない。

しかし立川志の輔に遠く及ばず。

f0320408_14234785.jpg

舞台を見に行って、落語の凄さを思い知らされました。


[PR]
by takako98765 | 2016-06-16 14:25 | ステージ | Comments(0)

【ヒメアノ~ル】

【ヒメアノ~ル】

原作:古谷実
監督・脚本:吉田恵輔
出演:森田剛、濱田岳、ムロツヨシ、佐津川愛美

f0320408_20304192.jpg

中盤まで、コメディー日常パートと

サイコホラーパートに分かれているが、

そのリズムがフリージャズ的。

f0320408_20322419.jpg
これを不安定と感じるか、刺激的と感じるかは人それぞれ。
ただ『誰もが同情する殺人鬼』を落としどころとするのなら、そこに焦点を合わせたモードジャズで良かったのかもしれんね。


チクロっぽい甘さがします。
f0320408_20401820.jpg

[PR]
by takako98765 | 2016-06-07 20:32 | シネマ | Comments(0)

【ディストラクション・ベイビーズ】

【ディストラクション・ベイビーズ】

監督:真利子哲也
脚本:喜安浩平、真利子哲也
出演:柳楽優弥、菅田将暉、小松菜奈、村上虹郎、池松壮亮

f0320408_18390309.jpg

地方都市の閉塞感。
行き場のないエネルギー。
モラルを逸脱した衝動的な若者。
徹頭徹尾殴る殴る殴る蹴る蹴る蹴る。
登場人物全て暴力的なクズ。
カタルシス0。

f0320408_18403266.jpg

監督は本作が商業映画デビュー。
大衆からどんな評価を受け、それが今後にどのような影響を与えるのか、大変興味があります。

f0320408_18411980.png


[PR]
by takako98765 | 2016-06-02 18:41 | シネマ | Comments(0)

【海よりもまだ深く】

【海よりもまだ深く】

監督・原案・脚本・編集:是枝裕和
出演:阿部寛、真木よう子、小林聡美、池松壮亮、樹木希林。

f0320408_20442668.jpg

市井の家族の数日を描いた「歩いても歩いても(2008年)」
その姉妹作と言える本作。

f0320408_20465102.jpg
f0320408_20443467.jpg
f0320408_20465537.jpg
f0320408_20443138.jpg
f0320408_20465787.jpg
さて、どちらがどちらでしょう。

閑話休題。


海よりも深くです。

f0320408_20505540.jpg
いや良い、本当に良い、しみじみ良いんですよ、良いんだけど、脚本が上手すぎる。

名言があまりに多すぎて、カルピス原液で呑んでるような、

f0320408_20514440.jpg
『名言集・市井の人々編』を読んでるような
f0320408_20523595.gif

口を開くと唄が出てくるミュージカル劇のように、

f0320408_20535356.jpg

口を開くと名言が出てきたような印象が残りました。


天に唾して、すいませんm(_ _)m


[PR]
by takako98765 | 2016-06-01 20:54 | シネマ | Comments(0)