ブログトップ

酒とシネマと不登校児な日々

takako987.exblog.jp

タグ:りりー・フランキー ( 3 ) タグの人気記事

【美しい星】

【美しい星】

原作:三島由紀夫『美しい星』
監督:吉田大八
脚本:吉田大八、甲斐聖太郎
出演:りりー・フランキー、亀梨和也、橋本愛、中嶋朋子、佐々木蔵之介

原作未読

f0320408_17193949.jpg

ネットのレビューでは難解な作品と言われいるようですが、いやいややっぱりコメディーでしょう。
だって、地球の末路に向けた真摯な会話の内容は、確かに真面目でヒューマンですが、それ語ってるの、火星人と水星人ですから。

これ、実はウルトラセブンの第8話「狙われた街」を意識して作られたそうです。
メトロン星人とモロボシダンがちゃぶ台を挟んで真面目に地球の未来について話すシーン。

f0320408_17193697.jpg
映画ではテレビ局、ウルトラセブンでは4畳半と場所は違いますが、どちらも宇宙人が、変な場所で、地球人抜きで真面目に地球の話をするという、なんともシュールで笑えます。

ただ、以上の感想は見終わってしばらくしてから言い切れる事で、喜怒哀楽どんな心持ちで見ればいいのか、座り心地が大変悪い127分でした。

f0320408_17201942.jpg
尤も『桐島、部活やめるってよ(2012年)』の印象が強いけど、『クヒオ大佐(2009年)』を舞台にまで引っ張った監督なので、ワケワカメ系が好きな本来の姿に戻られたのではないかな。
桐島~は他の監督でも撮れるけど、この作品は大八監督にしか撮れないしね(^^)

そして私は、どこまでが原作でどこからが脚色なのか、未読原作をポチしたのでした。


[PR]
by takako98765 | 2017-05-29 17:21 | シネマ | Comments(0)

【SCOOP!】

【SCOOP!】
監督・脚本:大根仁
原作映画:原田眞人
出演:福山雅治、二階堂ふみ、リリー・フランキー

..
f0320408_09580447.jpg
昨今、やけに70年代臭の作品が多いように思っているが、本作もその一つ。
『俺たちは天使だ(TV 1979年)』
f0320408_09583449.jpg
『チ・ン・ピ・ラ(1984年)』
f0320408_09580849.jpg
そして微かに『傷だらけの天使(TV 1974年』の香りもする。
f0320408_09581407.jpg
お若い方々にとっては癖がある作品だろうが、当時を知っている
者にとっては郷愁にかられる一品。

主役の福山雅治は器用ではないが、アクの強い役がハマれば爆発的な威力を持つ。
好き嫌いはあるだろうが、本作は彼の代表作と言えると思う。賞とは縁遠いが。
f0320408_10044955.jpg
対して、リリー・フランキーはメジャーどころではない助演男優賞を受賞する気がするな~。
f0320408_10061516.jpg
この人を観るだけでも、劇場に足を運ぶ価値はあると思う。

[PR]
by takako98765 | 2016-10-13 10:06 | シネマ | Comments(0)

『ストリッパー物語(2013)』wowow

『ストリッパー物語(2013)』wowow
つかこうへい✕三浦大輔✕リリー・フランキー
f0320408_21471718.jpg
「ストリッパー」
あまりにも昭和な響きにクラクラする。

昭和は日本の壮年期。
ヒリヒリする自意識と自虐の暑苦しさ。
それをさらに捻ってねじるつかこうへいの世界。
f0320408_21491111.jpg
演じたのは三浦洋一&根岸とし江。
f0320408_21472356.jpg
だから今回、三浦大輔版の渡辺真起子さんはとても小粒に思えた。
芝居も、ダイナミックが持ち味だった根岸さんとは真逆。
クールな三浦の体現者として選ばれたミューズは、痛々しい程に繊細だった。
f0320408_21472706.jpg
違和感はそれ位で、つかと三浦のだまし絵のような舞台は仲々面白かった。
f0320408_21472012.jpg

リリーさんははまり役だし、門脇麦も魅力を十二分に発揮。

『凶悪』『そして父になる』以前のリリーさん、
f0320408_21473039.jpg
『愛の渦』『闇金ウシジマくん』以前の門脇麦。
f0320408_21473212.jpg
この二人のキャスティングは素直に素晴らしいと思いました。

そして、最後の一言でつかさん全部喰っちゃった三浦大輔に拍手。
f0320408_21502508.jpg


[PR]
by takako98765 | 2014-07-25 21:53 | ステージ | Comments(0)