ブログトップ

酒とシネマと不登校児な日々

takako987.exblog.jp

タグ:アリシア・ヴィキャンデル ( 3 ) タグの人気記事

【光をくれた人】

【光をくれた人】

原作:M・L・ステッドマン著『海を照らす光』
監督・脚本:デレク・シアンフランス
出演:マイケル・ファスベンター、アリシア・ヴィキャンデル、レイチェル・ワイズ

f0320408_18253943.jpg

邦題の香ばしさや、
実子を挟んだ養母vs実母話という内容にもイエローサインが点滅したけど、
『ブルーバレンタイン(2010年)』の監督だしなと、自分に言い聞かせて劇場に行きました。

f0320408_18265181.jpg
結果。
立場によって感じ方は違うでしょうが、とにかく夫婦揃って出たとこ勝負。

f0320408_18254241.jpg
特に旦那。腹をくくるという事は、清濁併せ呑む覚悟を決める事なんだよ!
私は不愉快でしたが、子役の芝居に涙している方も多い、お涙頂戴ドラマ。

f0320408_18285619.jpg
あ~~~『八日目の蝉(2011年)』が無性に観たい!

f0320408_18254511.jpg


[PR]
by takako98765 | 2017-06-05 18:29 | シネマ | Comments(0)

【エクス・マキナ】

【エクス・マキナ】

監督・脚本:アレックス・ガーランド
出演:ドーナル・グリーン、アリシア・ヴィキャンデル、オスカー・アイザック

f0320408_11283999.jpg

アカデミー賞視覚効果賞受賞
アカデミー賞脚本賞ノミネート

「わたしを離さないで」脚本担当のガーランドの、監督デビュー作。

ザックリいうと、アンドロイドの人工知能をめぐる話です。
明らかにGoogleをモデルにした会社のECO・社員・アンドロイドの登場人物三名。
それをセット3つの室内劇で「人間と人工知能の主従関係を巡る心理戦」を描いている。

f0320408_11284425.jpg

小説ならともかく、そんなミニアムな世界を映像作品でやろうと思ったその心意気にまず拍手。
さらにセットもヒロインも環境もとにかくスタイリッシュでさすがアカデミー賞視覚効果賞受賞、なるほどcoolとはこういう事ねとオバサン合点しました。

途中、飲兵衛が繰り言を言う箇所、社員がブレードランナー化する箇所に中だるみ感を持ちましたが、それも数分の事。
アリシア・ヴィキャンデルの美しさの前では鼻息で飛ぶってなモンです。

f0320408_11284242.jpg

こういう作品、ほんっと大好きだ~~~


[PR]
by takako98765 | 2016-08-18 11:29 | シネマ | Comments(0)

【リリーのすべて】

【リリーのすべて】

監督:トム・フーパー

原作:デヴィッド・エバーショフ「The Danish Girl」(2000年刊行、邦題「世界で初めて女性に変身した男と、その妻の愛の物語」)
脚本:ルシンダ・コクソン
出演:エディ・レッドメイン、アリシア・ヴィキャンデル、マティアス・スーナールツ

f0320408_20361032.jpg

「英国王のスピーチ」のフーパー監督と、「博士と彼女のセオリー」のレッドメインというアカデミー賞コンビが
レミゼ以来2度目のタッグを組み、世界で初めて性別適合手術を受けたリリー・エルベを描いた伝記ドラマ。
本作でアリシア・ヴィキャンデルがアカデミー賞助演女優賞受賞。


端整で上品な画と、抑制された音(音楽)が生み出す心地よい緊張感がたまらない。
演じきることに身も心も捧げているかのごときレッドメイン。

f0320408_20371050.jpg
妻の葛藤、その苦しみ切なさ無償の愛を体現するアリシア。

f0320408_20363919.jpg
のぞき部屋での演出では、ここぞとケレン味を爆発させるフーバー監督。
f0320408_20394819.jpg

個人的には、スーナーツル演じたジェントルマンがめっちゃツボでした。

f0320408_20410513.jpg
ほんと気持ちいい。

It'sプロ集団やで~


[PR]
by takako98765 | 2016-04-06 20:41 | シネマ | Comments(0)