ブログトップ

酒とシネマと不登校児な日々

takako987.exblog.jp

ひきこもりFC「庵ーIORIー」

ひきこもりフューチャーセッション「庵 -IORI-」に参加してきました。
出席者50人弱のほとんどが、当事者か元当事者で、30歳前後の方が多かった。

テーマ毎に6テーブルにわかれ、なんとなーく雑談のようなゆるい時間が流れていきます。
f0320408_16171965.jpg
①「人目が気になる」をどのように克服するか
②イケメン化計画
③家族が集まる場のアイディア出し
④生活保護について
⑤フリーコーナー
⑥フリーコーナー(セクシュアリティとジェンダーとクィ)

私は最初、息子の気持ちを理解しようと①の「人目がきになる」をどのように克服するか、の席につきましたが、みなさん「人目が気になる」方々なので、話が全く盛り上がらない^^;
色々と質問もさせていただいたのですが、聞けば聞くほど浮きまくる、、、そりゃまあそうですね。

次に、年齢層が高く、各NPO関係者が多かった③家族が集まる場のアイディア出しに。
「引き籠もりに特化しているシェアハウス」とか、「元ひきこもりによる現引き籠もりへの家庭教師」など、なるほどなアイディアがたくさんでていました。

特に「元引き籠もり者による、引き籠もりから脱皮する際の社会に対するノウハウを、とりあえずネットでまとめる」
などは、明日からでも動け出せる活動だな、と感心しきり。

今回私にとって、なにより良かったのは、
「今は引き籠もり中でも、これ位には成長するんだ」という姿を目の当たりにみれた事。
お先真っ暗な子育てが、すこーし明るくなりました。

普段着が如何にも引き篭り児なこんな格好なので、
f0320408_16172788.jpg
引き篭り当事者と間違われて
「よく来たね(^^)」とお菓子貰っちゃいました。
f0320408_16172583.jpg

発起人はジャーナリスト池上正樹氏
偶数月の第一日曜日に、各地で行われているとの事です。
f0320408_16172396.jpg
来月も行こっと。



[PR]
by takako98765 | 2014-06-02 16:22 | 発達障害
<< シンガポール・シーフード・リパ... 『ぼくたちの家族』 >>