人気ブログランキング |
ブログトップ

酒とシネマと不登校児な日々

takako987.exblog.jp

『君となら』

『君となら』作・演出 三谷幸喜

f0320408_20151499.jpg
かつて斉藤由貴、角野卓造、佐藤慶で上演された芝居を今回は竹内結子、草刈正雄、小林勝也で再演。
私、1995&1997年版を3回も観る程大好きなので、世に出回っているレビューと違って辛口になります。

私、お父さん役が小林”克也”さんで、ケニー役が草刈正雄さんと思っていたので、幕が開いてビックリ。
f0320408_20172900.jpg
小林克也
f0320408_20171124.jpg
小林勝也

だって、角野卓造の役を草刈正雄ってのはなんぼなんでも無理がある。
f0320408_20234124.jpg
f0320408_20233955.jpg
案の定、ご本人は頑張ってたし劇中でもその無理目のところを笑いに転嫁していたけれど、う~~~んな結果に。

佐藤慶さんの役を小林勝也さんってのも、どうなんだろう。
f0320408_20250688.jpg
草刈・小林コンビに、角野・佐藤コンビのようなメリハリがないのが、とても残念だった。

一方で、セットが立体化されて、役者たちの動きが3Dになったのは楽しかった。

それより何より特筆すべきは、舞台女優「イモトアヤコ」の見事すぎるあっぱれな演技。
しかもべらぼうにチャーミングだし。
同じ初舞台の竹内結子、完全に食われてました。
f0320408_20260310.jpg

by takako98765 | 2014-08-28 20:27 | ステージ
<< 『ホットロード』 スペクトラムな「ヤバイよなぁ」発言 >>