人気ブログランキング |
ブログトップ

酒とシネマと不登校児な日々

takako987.exblog.jp

『ショーガール』

1974年~1988年の足掛け15年。
福田陽一郎作・演出・構成、木の実ナナ、細川俊之の二人がPARCO劇場でシリーズ上演されていた「ショーガール」を、

f0320408_20130933.jpg
三谷幸喜作・演出・構成、川平慈英 シルビア・グラブがおくる新装版。

f0320408_20120065.jpg

渋谷ど真ん中の劇場で22時開演。
企画者の思惑通り、夜の街で一杯ひっかけてからGO!
それじゃ足りぬと劇場入口には特設ワインバーが出現していて
それじゃお言葉に甘えてと遠慮なく酔わせていただきました( ^^)/▽

f0320408_20120703.jpg

以下、作品の印象は、アルコールでぽやんとした頭で捉えた事(^_^;)

まずは、日中「君となら」で使用している民家のセットをそのまま生かした美術が面白い。

前半のダンス仕立てのコント芝居は、うーーん、私にはキツかった。
呑んでいなかったらもっとキツかったと思う。

後半の多様なナンバー満載のミュージカルショーは、華やかだけど先代と比べてしまうと小粒。

f0320408_20122204.jpg

f0320408_20131122.jpg
でも、大人に焦点を合わせられた空間はとても楽しめたし、このようなエンターテイメントがもっと増えて欲しい、根付いて欲しいので、シリーズ化を希望しますヽ(*´∀`)ノ

ピアノ:荻野清子 ベース:一本茂樹 パーカッション:萱谷亮一の演奏もすごく良かったしね(^_-)-☆


by takako98765 | 2014-09-12 20:15 | ステージ
<< 『火のようにさみしい姉がいて』 『イン・ザ・ヒーロー』 >>