人気ブログランキング |
ブログトップ

酒とシネマと不登校児な日々

takako987.exblog.jp

スペクトラムな本心ベスト3

週末は、不登校児のNPO「いばしょくらぶ」&個別指導塾代表・阿部伸一さんのセミナーへ。
あべさんは医者でも博士でも臨床心理士でもないので、言葉が易しく、生活に根付いた現実的なアドバイスを受けられます。
f0320408_23281354.jpg

現在は正解がわかりづらい時代だけど、
以前は正解があった時代で、私たち親は
「正解を知りたがる(1)」
「数字で表せる世界に親しみを持つ(2)」世代。
(例1・幸せ=良い学校・良い会社・良い結婚)
(例2・偏差値・初任給・生涯賃金)
だが子ども達は「それが必ずしも正解ではない事を知っている」世代。
この問題に関しては、子ども達の方が現実的。まずこれを認識すべき。
さらに、親世代に正解を教えてくれるのは「大人(親・教師)」だったが、子ども世代が信用するのは「ネット」「友人(世代問わず趣味関係など)」で、大人の意見には求心力がない。

ここを押さえておかないと、子どもとの会話は成立しにくい。
f0320408_23013991.jpg
みたいな視点は、不登校児に特化している現場からでないとなかなか生まれない。
f0320408_23024910.png
そんなこんなの話のあとで、登校で&引きこもり子が内心何を考えているのかベスト3。

第3位 親が大好きで、親を心配していて、親にすまないと思っている。
口ではどんなに暴言を吐いていても、です。

第2位 外の世界を怖がっている。
ようやく一歩が出ても、二歩目がさらに厳しい子も多いそうです。

第1位 やる事がなくて死ぬほどヒマ。
ゲームに夢中なのも、一日中寝ているのも、全てコレ(((*´艸`))
f0320408_23041553.jpg
すごーく思い当たり、涙流して大爆笑(ノ≧∇≦。)ノ

どこんちの子どもも同じなんだな~。








by takako98765 | 2014-11-30 23:07 | 発達障害
<< 『吉良ですが、なにか?』 『instagram』 >>