ブログトップ

酒とシネマと不登校児な日々

takako987.exblog.jp

【否定と肯定】

【否定と肯定】

原作:デボラ・リップシュタット『否定と肯定 ホロコーストの真実をめぐる戦い』
監督:ミック・ジャクソン、
脚本:デヴィッド・ヘアー
出演:レイチャル・ワイズ、トム・ウィルキソン、ティモシー・スポール、アンドリュー・スコット、

f0320408_15165405.jpg

1994年、ホロコースト否定論者と、ユダヤ人の女性歴史学者の、名誉毀損を巡る法廷を描いた、英国映画ならではの上品な作品。
見どころは、結成されたイギリス人による大弁護団による歴史の追求、ではなく、
「事実は一つだが真実は(語る)人の数だけある」点に集約されていく法廷の流れと、
「イケイケヤンキー女史が、自分の信念を他人に託す事で生まれる葛藤」など、ざっくりヒューマンドラマ。

f0320408_15165836.jpg
スポールの小憎たらしさの合間にチラ見させる愚者の表情が見事。

f0320408_15165610.jpg
「虚偽を心から信じている者を嘘つきと呼べるのか?」という裁判内の問題提起は、今の我が国にとって実に現実的な問題であるためか、エンディングには若干もやつきが残った。


[PR]
by takako98765 | 2017-12-19 15:18 | シネマ | Comments(0)
<< 【ビジランテ】 【春風亭昇太独演会~春らんまん... >>