人気ブログランキング |
ブログトップ

酒とシネマと不登校児な日々

takako987.exblog.jp

2015年 04月 13日 ( 1 )

『立川志の輔独演会』

『立川志の輔独演会』
品川きゅりあん大ホール

f0320408_22440396.jpg

1000人を超えるホールという名の小屋で、席がザワつき噺を聞く態勢も整っていない一席目に『粗忽長屋』をやる前座さんがいる事にまず驚いた。
しかも、このお弟子さん。二つ目との事だけどお世辞にも上手いとは言い難い。
例えていうなら『ゆず』のコンサートの前座で好きなの一曲演っていいよと言われ『ボヘミアン・ラプソディー』をリコーダーで吹いたような感じ。

f0320408_22440620.jpg

氷河のように凍りつき、しわぶき一つない高座に続いて上がった志の輔の第一声は、平身低頭・深々と頭を下げての「まことに申し訳ございませんでしたぁぁぁ!」

f0320408_22453844.jpg

これには客席ドッカンで、この一連を師弟連作の新作落語と思えば、最高のデキでした。

さて志の輔師匠。
新作の「みどりの窓口」は清水義範原作、ライトでありながら人間観察の鋭いキャラ立ち満点な師匠十八番の噺。
古典の「江戸の夢」も悪くないけど、志の輔さんよりお上手な方がいらっしゃるから、そこんとこ難しいなぁと思いました。

f0320408_22470025.jpg


by takako98765 | 2015-04-13 22:48 | ステージ