人気ブログランキング |
ブログトップ

酒とシネマと不登校児な日々

takako987.exblog.jp

<   2018年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

【万引き家族】

【万引き家族】

原案・監督・脚本:是枝裕和
出演:リリー・フランキー、安藤サクラ、樹木希林、松岡茉優、池松壮亮、高良健吾、池脇千鶴

f0320408_14170718.jpg

バラエティーショー「イッテQ」での「コレモン」に興味を示した17歳男子が
「この人の作品をみてみたい」というので、親子で観劇。

f0320408_14183724.jpg
セクシャルなシーンに焦る瞬間はあったが、総じて是枝作品集大成的な作品。
今までの作中にあった似た設定&ディテールとしては、ワンダフルライフ(1999年)、誰も知らない(2004年)、歩いても歩いても(2008年)、空気人形(2009年)、そして父になる(2013年)など挙げられるが、模倣でなく「これが是枝WORLDだな」としみじみ思わせる内容となっている。

演者さんは全て素晴らしかったが、特に安藤サクラが絶妙。

f0320408_14170452.jpg

ちなみに、我が家も作品と同様、血縁に基づかない家族なので、息子が本作をどう受け取ったかは大変気になったが。
「僕の観たことがない世界。刺激的だった。良い作品だと思った」との事。
良かった。


by takako98765 | 2018-06-15 14:21 | シネマ

【友罪】

【友罪】

原作:薬丸岳
監督・脚本:瀬々敬久
出演:生田斗真、瑛太、佐藤浩市、夏帆、富田靖子、

f0320408_14062348.jpg

原作未読。
とにかく、なんというか。。。。。
まず、脚本がめちゃくちゃ。
脚本以前に構成が、
構成以前にキャラクターが、
キャラクター以前に企画意図が整理されていない。

原作はどうか知らないが、映画作品として成立していない。

例えば、未成年で無免許の息子が小学生を三人殺傷(多分車で突っ込んだ)事件の父親が、
よりにもよって何故タクシー運転手をしているのか?
幸せになろうとする息子を、これでもかと激しく断罪する一方で、
登校中に道路を横断する子ども達をニコニコと幸せそうに見守る。
これは、いくら佐藤浩市でも成立しないキャラだぞ。

f0320408_14062531.jpg

他の登場人物も同様で、129分ぐったり疲れ果ててしまった。
瑛太の怪演も、一瞬は目を引くが、それだけ。
興味をそそる企画で、これだけの実力派を揃えて、近年稀に見るもったいないオバケな作品。


by takako98765 | 2018-06-15 14:07 | シネマ

【恋は雨上がりのように】

【恋は雨上がりのように】

原作:眉月じゅん
監督:永井聡
脚本:坂口理子
出演:小松菜奈、大泉洋、清野菜名、磯村勇斗、濱田マリ、吉田羊

f0320408_12243778.jpg

アクション物にしか興味がない引きこもり不登校児にはどうかな、と思いつつ、
名作『帝一の國(2017)』の監督であることと主演・大泉洋を信じて引きずっていきました。

結果、彼は大変感銘を受けたようで、母ちゃんの面目躍如、120分弱でも青春を感じさせて頂き、大変ありがたかったです。

f0320408_12251599.jpg

そう、ここには宣伝されているような年の差恋愛物ではなく、17歳45歳それぞれの青春が描かれていました。
特に挫折からの再生が、それぞれの年齢にとって自然な形だったのが好ましい。
(45歳で「やっぱり俺は小説家を目指す!」とか言いだしたらどうしようと内心ドキドキしてた)

f0320408_12261308.jpg
キャスティングも隅々にまで目配りが利いており、特に数シーンのみだが吉田羊と濱田マリがすごーく良かった。


by takako98765 | 2018-06-08 18:07 | シネマ