人気ブログランキング |
ブログトップ

酒とシネマと不登校児な日々

takako987.exblog.jp

タグ:阿部寛 ( 4 ) タグの人気記事

【祈りの幕が降りる時】

【祈りの幕が降りる時】

原作:東野圭吾
監督:福澤克雄
脚本:李正美
出演:阿部寛、松嶋菜々子、溝端淳平、キムラ緑子、桜田ひより

f0320408_11005313.jpg

平成版・砂の器。
全編を太く貫く福澤カラーに圧倒される119分。
アクション映画しか観たことのない17歳男子が「暗いけど面白かった」と。
福澤節は日本人のDNAにうったえてくる物があるんだよなぁ。

f0320408_11020852.jpg
ただ劇伴が私にはくどいような、、、まあそれも含めて福澤節なんだけどね。
演者はみなさん巧みだが、特に菜々子の少女時代を演じた松田ひよりが素晴らしかった。

f0320408_11005580.jpg


by takako98765 | 2018-03-04 11:02 | シネマ

【海よりもまだ深く】

【海よりもまだ深く】

監督・原案・脚本・編集:是枝裕和
出演:阿部寛、真木よう子、小林聡美、池松壮亮、樹木希林。

f0320408_20442668.jpg

市井の家族の数日を描いた「歩いても歩いても(2008年)」
その姉妹作と言える本作。

f0320408_20465102.jpg
f0320408_20443467.jpg
f0320408_20465537.jpg
f0320408_20443138.jpg
f0320408_20465787.jpg
さて、どちらがどちらでしょう。

閑話休題。


海よりも深くです。

f0320408_20505540.jpg
いや良い、本当に良い、しみじみ良いんですよ、良いんだけど、脚本が上手すぎる。

名言があまりに多すぎて、カルピス原液で呑んでるような、

f0320408_20514440.jpg
『名言集・市井の人々編』を読んでるような
f0320408_20523595.gif

口を開くと唄が出てくるミュージカル劇のように、

f0320408_20535356.jpg

口を開くと名言が出てきたような印象が残りました。


天に唾して、すいませんm(_ _)m


by takako98765 | 2016-06-01 20:54 | シネマ

『柘榴坂の仇討』

『柘榴坂の仇討』

f0320408_16381214.jpg

ようやく見れました。
貴一ちゃんも阿部ちゃんも良かったよ~ヽ(*´∀`)ノ
お名前を失念してしまったが、藤竜也の奥方をやられた女優さんも素晴らしかった。
広末妻の対極にいる妻像を、全身で表現されていた。

構成が巧みでテンポもよく、物語はクライマックスまですらすらと進んでいく。


がッ!!

f0320408_16391491.jpg

十兵衛(阿部)を討とうとする金吾(貴一)が、殺陣の最中に寒椿をみて心変わりする。
ここまではまぁ納得できるけど、そのま十兵衛に「生きよ」と説教するのは明らかにやりすぎ。

人間誰しも、頭で理解してから、「腑に落ちる」までは生理的な時間が必要。
どんなに芝居が上手くても、勢いで言った風、うわっ滑りになる。
どうしても仇に説教させたいんであれば、十兵衛に遭った時点で既に金吾の腹の中ではその考えに傾いていた風な作りにすれば良かったのに。

f0320408_16390012.jpg

同じように、つい今しがたまで死ぬ気でいた十兵衛が、金吾に命を助けられ説教されたからといって、帰宅したその足で女をデートに誘うのは明らかに行き過ぎ。
どうしても二人を沿わせるたいんであれば、女の方から誘わせ、十兵衛は背中で頷くにとどめておけば良かったのに。


盛り込みたい気持ちはじゅうじゅうわかるけど、ちょっと残念でした。



by takako98765 | 2014-10-09 16:40 | シネマ

テルマエ・ロマエ2

「テルマエ・ロマエ2」

f0320408_18234507.jpg

前作よりは、映画の体をなしている。
だからと言って、前作より面白い訳ではない。
勢いがなくなった分、ぼんやり~な作品になってしまった。

お相撲さんは出落ちだし。

f0320408_18265105.jpg
笑いどころは餃子とビールとビデだけだし。

f0320408_18265315.jpg

もう、ないよね^^;


by takako98765 | 2014-05-01 18:27 | シネマ